FC2ブログ
1
2
3
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「大阪フェスの100mlボトル・記念ボトル…」

 大阪フェス、コンペのパンフレットの入稿・編集作業が続いているが、今日はどしゃ降りの雨の中、横浜みなとみらいのけいゆう病院まで、眼の検査に行く。昨年の11月以来、定期的に訪れているが、今回はいつもより多めの5~6種類の精密な検査を受け、経過をみる。まあ、それほど進行はしていないが、2~3種類の眼薬のほうは不可欠のようだ。相変わらず、先生からは「働き方改革を!」と言われたが、そうもいかない…。

 再び雨の中をもどって、3時すぎにはウイ文研。時差ボケもあり、連日深夜3時すぎに原稿を書いているので眠い。大阪フェスのパンフレットは、今回もなかなかの出来だ。ポップで、いかにも夏に開かれる大阪フェスらしい。その大阪フェス記念ボトル2種類のうち、今回は初となるアメリカンのジャックダニエル・シングルバレルがウイ文研に届いた。なんせ1樽丸ごとボトリングしたから、それなりの量となる。これは4~5種類のサンプルから私が選んだもので、バランスは抜群!ブラウンフォーマンの、トーストしてからチャーするホワイトオーク樽の良さが全面に出ている。これからのジャックは非常に楽しみだ。

 もう1つのタムナヴーリンは、まだ届かないが、恒例のお土産100mlボトルについても、ほぼつくり終えた。今回は2025年の大阪万博にひっかけて“国旗”がテーマ。スコッチのブレンデッドモルトとアジアのブレンデッド、そしてアイリッシュのブレンデッドのウイスキー3種と、“世界ジン”という、このところ毎回おなじみの混ぜまぜジンだ。中身については言えないが、ジンは不思議と混ぜると美味しくなる。もちろん、デタラメに混ぜてもダメで、すべての味の把握が前提。こういう味にしたいというイメージも大事だ。

 さらに今回の大阪フェスでは、日頃のウイ文研、それも関西の会員への感謝として、先着100名に100mlオリジナルボトルをプレゼントするという発表をしているが、それについても瓶詰めをしてしまう。こちらのほうの中身はウイスキー、それもサントリーの「碧」ではないが、本物のワールドのブレンデッドだ。つまり5大ウイスキーだけでなく、台湾やインド、オセアニア、イングランドのウイスキーも混ぜている。はたして、その味は…。

 大阪フェスのパンフレット、ボトル等の準備が終われば、いよいよこんどはコンペのパンフレット(オフィシャルガイドブック)、である。さらに授賞式当日の進行、その準備、そして6月22日・23日の萌木の村の清里フェスが待っている。忘れていたが、今週末、26日の日曜日には東京と大阪でWPの試験がある。その問題作り(印刷)も、昨日から始まった。筆記の問題作り、ブラインドテイスティングの問題作り、その解答の準備と、この間フェスのパンフレットなどと並行してやってきた。これでは働き方改革など、できるはずもなく…。


s_190521_1.jpg


s_190521_2.jpg




スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter