FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「毎年恒例のバーショーに出展」

 『ウイスキーガロア』の発送も一段落したところで、コンペのパンフレット、大阪フェスのパンフレットの入稿作業が急ピッチで進められている。金曜日は清里・萌木の村のミーティングをやったあと、デザイン事務所のアイルさんに来てもらい、まずはコンペの表彰式の認定証のデザイン案を決定。やはり、日本でやるコンペなので、その色にはこだわった。

 公式パンフレットの表紙も、斬新でクールなものができたと思っている。やはりデザインが訴える力というのは大きなものだ。単なるコンペのパンフレットで終わりたくないというのが私たちの想いで、ウイスキーガロアというプロの編集集団がやる以上、今までのコンペのパンフのスタイルを変えたかったのだ。

 当然、大阪フェスのパンフの表紙デザインも、ガラッと違うものにした。今年はこの表紙案をデザインしたものが、大阪・京橋駅のデジタル看板(1週間)にも登場する。これも新しい試みで、大阪の人たちにどれだけアピールできるか、今から楽しみだ。

 それらのミーティングを立て続けにこなし、昨日の土曜日は午前中コンペのパンフレットの校正をやり、午後2時すぎに水道橋のドームシティーに行き、バーショーを取材。今年もうちはブースを出していることもあり、そのブースに行くためでもあった。

 毎年バーショーに行くと新商品にも出会うことができる。今回も私がまだ知らなかった商品があり、それを極力試飲して回る。ただ、時差ボケがまったく治っておらず、眠さはピーク。なにしろ夜12時に寝ても2時すぎに眼が覚めて眠れなくなるから、仕方なくそれから3時間ほど机に向かって仕事をし、そして再び2~3時間眠るという日々が続いている…。

 結局バーショーには5時半くらいまでいて、その後、恵比寿の仕事場にもどり再び仕事。今日も午前中(と夜中だ!)は、コンペ・パンフレットの校正をして、午後は次号ガロアの原稿書きの準備。さらに夕方にウイ文研オフィスに行き、13日(月)に行われるベンリアック、グレンドロナック、グレングラッサ・セミナーの準備。新商品のベンリアック12年とグレンドロナック15年をまだ試飲していなかったためで、ともにオフィスでテイスティングをしてしまう。

 もどって夜は、これから週一ペースで入っているあちこちのセミナー、講演会の準備を進める。なにしろ週イチペースで入っていると、どこで何のテーマで話すのか、その時どんなボトルでテイスティングするのか、しないのか、まったく分からなくなってしまっているからだ。秘書もいなく、進行スケジュールを管理してくれる人もいないので、すべては私一人の頭の中でやるしかない…。中小企業の社長はツライものだと、この時ばかりはそう思う。


s_190512_1.jpg




スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter