FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「コンペの発表とWP集中対策セミナー」

 5日の金曜日にコンペの金・銀・銅・最高金賞の最終決定を行い、その発表の準備。と同時に6月8日の授賞式、その後の授賞パーティーのチラシ作りにも取りかかる。さらに、これもコンペがらみだが、6月から月1~2回くらいのペースで、ジンやテキーラ、ラム、もちろんウイスキーもだが、それらの定期テイスティングセミナーも開催することに決定した。

 その会場さがしも本格化し、ほぼ第1回は6月29日の土曜日にやることが決定した。名前もまだ決まっていないが、第1回は私がジンと、そして林さんがテキーラをやることにし、その準備もスタートさせた。ジンは、おそらく3回シリーズ(まずは)、そしてテキーラは2回シリーズだ。毎回5~6種類のテイスティングも行い、これからのコンペに向け、基礎知識、そしてテイスティング能力、そのポイントを探っていくことにした。今回コンペに出品してくれた各社にも、何らかの形でフィードバックしたいと思ったからだ。

 土曜は丸1日恵比寿の仕事場にこもってガロアの原稿書き、そして校正、校正である。やることが多すぎて、ガロアに集中できていなかったが、これから入稿・下版に向けてまったなしの、本当の意味での時間との勝負が待っている。なんせ4月25日から蒸留所ツアーでスコットランドに行き、その後1週間かけてローランド、北アイルランド、アイルランドの取材を行うからだ。5月8日まで丸々2週間日本を留守にするため、すべてをその前に終わらせないといけない。

 昨日の日曜日は朝8時半に飯田橋のレインボービルに行って、9時25分からWPの集中対策講義。今回は過去最高の90名超が集まり、ウイスキーコニサー試験の認知度の高まりを、ヒシヒシと感じた。コニサーを一般社団化する構想を持っているが、その時間もなかなか取れないのが現状だ。コニサー向けの『コニサー倶楽部』の復活もさせたいが、そのためには編集スタッフをもっと入れないといけない。そのための面接も金曜に行った…。

 WPの集中対策は4時半に無事終了し、あとは5月26日(日)の試験を待つばかりである。もちろん問題作りはこれからだが。

 今日は朝イチ豊島園に釣りに行き(!)、2時すぎにウイ文研。バーショー、大阪フェス、萌木とイベントが山のようにあるが、第9回目となる長和フェスもそろそろ始動しないといけない。ということで実行委員のFさんに来てもらい、今年初めてのミーティング。9月21、22日の開催に向けて、今後のスケジュール、コンテンツの見直しについても話しあった。やはり、9回目となる今回は、何か新しいことをやりたいというのが、私たちの本音だ。

 これだけ全国各地でフェスが開かれるようになると、長和にしかできないことは何なのか?地元・長野県をもっとPRする方法はないのか。今回、萌木フェスをやりながら、多くの新しいことにチャレンジしているが、そのアイディア、方法論が長和でも使えないのか…。いろいろ考えることは多い。ウイスキーフェスを手がけた者として、日本初の野外ウイスキーフェス、コンペを手がけた団体として、ウイ文研にしかできないことは何なのか。その模索の日々がまだまだ続く。

 それはともかく、ウイスキー検定の『Whisky Life』第10号もできたことだし、そろそろ検定のことも考えなければならない時期にきているようにも思うのだが。

s_190408_2.jpg



スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter