FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「コンペのおみやげボトルと新たなコンサル…」

 このところコンサル関係の話を持ちこまれるケースも多いが、1日の金曜日も夕方から神奈川県でウイスキー造りをしたいという会社の人が訪れ、簡単なミーティングを行う。これが実現すれば、佐賀と新潟と神奈川の3県でウイスキー造り、ジン造りのお手伝いをすることになる。いずれにしろ、もう少し具体的になれば、それぞれの場所を見に行きたいと思っている。

 いっぽうガロアの下版作業も28日の木曜日に無事終わり、あとは印刷所から上がってくるのを待つばかりだ。例によってガロアに同封する大阪フェス、萌木フェス、レクチャラー、プロフェッショナルセミナーのチラシの入稿作業も大詰めを迎えている。特に萌木に関してはセミナーや進行について、詰めの作業を急いでいる。

 すでに輿水さんとベンチャーの由美さんのセミナーの内容、テイスティングボトルは決まりつつあるが、私のスペシャルセミナーのテイスティングアイテム5種類も決めて、それをスマホで撮影。輿水さんと秩父のセミナーでは萌木の村の秘蔵のボトルが出てくるので、私も秘蔵コレクション(?)のボトル5種類を出すことにした。飲めるうちに飲むのが花だと思ったからだ。

 コンペのほうも連日急ピッチで準備が進められている。審査員約180名におみやげ用として、100mlのスペシャルボトルをつくった。世界5大ウイスキー他、ウェールズ、タスマニア、台湾、インドなど39種類のウイスキーを混ぜたもので、約200本ほどを制作。これはおみやげ用だが、もう1つ、当日販売用にこれまた世界中のジンをブレンドした(18種類)、“地球人”という100mlボトルも約80本ほど作った。ラベルはどちらもウイ文研特別顧問の藤原新也さんが書いてくれた『命』という文字をあしらったもので、これは当日のスタッフのTシャツと同じである。やはり、やるからにはこれくらいの遊びがあったほうが面白い。当日は額装した藤原さんの書も飾ろうと思っている。

 ということで、この土・日は次号の『ウイスキーガロア』の原稿と、検定合格者向けの『ウイスキーライフ』の原稿書き。ガロアは下版したばかりだが、もう次号(5月11日発売)のミーティング、原稿書きがスタートしている。ライフも同様で、こちらは4月中旬に発送予定だ。

 さらにコンペ当日のオリエンテーションでテイスティングデモンストレーションを行うが、そのアイテムも決まり、それらについても(ウイスキー、ラム、テキーラ、ジンをそれぞれ1種類ずつ)、金曜から土曜にかけイスティングを行う。審議全体を通して、実行委員会としてのテイスティング基準を明らかにしたいと思っているからだ。採点基準も含めて、コンペ当日までギリギリの調整が続く…。

 あらゆることが初めてのため、未知なることも多いが、こればかりはやってみないと分からない。約1年近くをかけて準備をしてきたが、コンペのシステム、そのノウハウについては、まだ道半ばということかもしれない。1年1年の経験値を積み上げ、5年後、10年後には世界に冠たるコンペにしたいと思っているし、それが出来ると信じている。


s_190303_1.jpg


s_190303_2.jpg



スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter