FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「コンペのTシャツ、そしてマスターの試験」

 ガロア入稿後、コンペに向けての準備が連日続いている。木曜日は全体会議でボトルをブラインドにする方法が具体的に検討された。さらにサポートスタッフ用の黒のTシャツの発注の準備も進んでいる。ウイ文研特別顧問の藤原新也さんに「命」の一字を書にしてもらったもので、Tシャツの胸にはその命の文字、背には“TOKYO Whisky & Spirits Competition”の英字ロゴを入れている。

 金曜は12時からコンペ当日のフライトとジャッジテーブルの組み合わせを行う。ジャッジテーブルは3セッションで計32テーブル。フライト総数は88なので、それをどのセッションのどのテーブルでやってもらうのかを、決定するわけだ。たとえばバーテンダーが多いテーブルにはジンやスピリッツ、テキーラ、ラムはそれぞれテキーラマエストロやラムコンシェルジュが多く配置されているテーブルという風にだ。

 そのために全530アイテムほどのボトルを各カテゴリー、さらに中身の酒質によって飲む順番も決めている。それを88フライトに分け、一方で審査員180名ほどを、その得意分野、キャリア等で32テーブルに割り振っている。そこまでの作業で、ほぼ1ヶ月ほどを費やしているのだろうか。超難解なパズルを解くような作業が続いた。

 ジャッジテーブル32とフライト88が決まったところで、どのフライトをどのテーブルでやってもらうかを、金曜日に検討したというわけだ。来週中にそれを決定したいと思っている。最後のパズルである。

 コンペのミーティング後、こんどは2時から萌木の村の清里フェスのミーティング。出展ブースやセミナー、トークショー、そして「ロック」で開かれる初のスコティッシュディナー、私と輿水さんのトークショーなど、具体的なコンテンツに沿って1日目、2日目のタイムスケジュールを決めていく。今回のセミナーは合計4つで、会場は萌木の村のオルゴール館。定員40名のセミナーで、そのうちの2つは輿水さんのセミナー、もう1つはベンチャーウイスキーの由美さん、そして最後の1つが私のセミナーだ。

 詳細は3月に入ったらアップできると思うが、どれもとんでもないボトルが出る予定だ。私のセミナーも秘蔵のボトルを出す予定である。開催まで、あと3ヶ月。大阪フェスも含めて急ピッチでコンテンツの充実を図っている最中だ。

 それが終わって金曜日はさらにガロア、アイラツアー、ツアー後の取材のミーティングが続いた。昨日、土曜日はオーディオ雑誌『アナログ』の原稿と、コンペのフライトの組み合わせの最終確認。そして今日は昼過ぎからウイ文研でマスター・オブ・ウイスキーの2次試験を行う。今年の受験者は3人。まずは超難関の筆記試験を1時間やり、その後、一人ずつテスティング、口頭試問を行う。

 マスターはコニサー資格16年の歴史で7人しか誕生していない。今年の受験者3名のうち2名はガロアのテイスターだった。はたして今年マスターが誕生するのか、楽しみに待ちたいと思っている。


s_190224_1.jpg


s_190224_2.jpg




スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter