FC2ブログ
1
3
5
6
7
9
10
12
13
15
18
19
20
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2019

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「小正、ガロア、コンペのミーティング」

 コンペとガロアのことで連日集中して作業をこなしている。ロンドンからもどって、まだ1週間たたないが、あまりの忙しさで時差ボケもどこかへ行ってしまった。

 火曜日はコンペのことで夕方、特別顧問の藤原新也さんがウイ文研に来てくれて、当日のことなど打ち合わせ。スタッフ用Tシャツに、書を書いてくれることになり、そのまま夜は事務所近くの中華料理「ジャスミン」で食事。

 水曜はガロアの原稿、コンペのミーティング、大阪フェス、萌木フェスのミーティング後、一度恵比寿の仕事場にもどり、夜8時半に羽田のJALシティホテルへ。ガロアの企画のひとつである編集長インタビューで、小正醸造の小正さんに9時から話を聞く。主に昨シーズンの仕込みと、2シーズン目が始まった現在、どんな新しいことにチャレンジしているのかなどを語っていただいた。結局、インタビューは2時間近くになったが、非常に面白い話を聞くことができた。まだ発表できないものも多いが、これからの展開がますます楽しみだ。

 今日も午前中はガロアの原稿を書いて、昼すぎにウイ文研。コンペの出品ボトル、審査員のテーブルに配置など、ここへきて変更も多く、最終的なリストを作る作業が続いている。実際のジャッジまで、あと1ヶ月。ボトル撮影も急ピッチで進んでいるが、やることがとにかく山積み・・・。エベレストを超えて月まで行きそうだ。

 同時に今年はフェスや、その他のイベントも多く、特に大阪フェス、萌木のセミナーのラインナップを決める作業を急ピッチで進めている。他に京都ウイスキーパーティー、東京バーショー、福岡ウイスキートークにも出展が決まっていて、いくらスタッフがいても足りないので、今週から新たに2名の新人スタッフが入社している。これで総勢15名だ・・・。

 と、ドタバタこなしながら、6時半からコンペの実行委員会ミーティング。昨年夏から続けてきた実行委員会ミーティングも、コンペ本番前は、これが最後となる。できあがったばかりの全ボトルリストと、全審査員名簿、それらのテーブル配置図、リストを見ていただきながら、確認作業を行う

 出品ボトルは全522本で、大手で参加いただけなかったところもあり(我々の努力不足?)予想していたより少し減ったが、これは致し方ない。我々のPR不足、そして実力不足なのだろう。ただ、ウイスキーとスピリッツに特化したコンペとしては、もちろん世界最大規模。これだけの審査員が集まりブラインドで真剣勝負を行う・・・。まだ終わったわけではないが、このTWSCが間違いなく世界最高峰のコンペだと思っている。言い出しっぺで主催者の私が一番楽しみにしているし、考えたら夜も眠れないくらいワクワクするのだから、これ以上のものはない(そのハズだ)。いずれにしろ、当日の参加者は歴史的瞬間に立ち会うことになる。

 2日間のコンペ(3セッション)で、のべにして約200人超のジャッジ、さらにスタッフ、プレス、ゲスト審査員、総勢500〜600名くらいが集まるのだからスゴイ。しかも、そのうちの9割以上が顔がわかっている人たちばかりである。つまりウイスキー、スピリッツの世界で名の通った、そしてウイスキーやスピリッツを愛する、私たちの仲間たちなのだ。

 これで面白くないはずがない。願わくば早くガロアの原稿、編集作業を終えてしまいたいのだが・・・。

s_190207_1.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter