FC2ブログ
1
3
5
6
7
9
10
12
13
15
18
19
20
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2019

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ロンドンから無事帰国・・・」

 2月1日金曜日の昼頃に成田について、そのままリムジンバスで恵比寿にもどり、4時前にウイ文研に行く。さすがに1週間留守にすると、私の机の上は書類や郵便物が山のようになっている。時差ボケで頭も眼もうつろになっているが、それらを1つ1つチェックし、その後、緊急の案件についてミーティング。

 ガロアは行く前に極力書いていたが、それらのレイアウトも上がり、これから入稿までの約2週間が勝負となる。まだまだ取材が残っていたが、さらに、ここ1〜2週間で新たな取材が入り、ギリギリまで原稿に追われることになる。秩父や小正、さらに養命酒などの取材も入ってきそうだ。ロンドンからもどったばかりだが、再び全国行脚が始まる。

 検定2級の英文問題、その検定の試験の手配、秩父祭、大阪フェス、萌木、京都ウイスキーパーティー等のミーティング、準備も着々と進んでいる。秩父では例年どおり全体トークショーで、今年も私がMCを務める。もちろんウイ文研も2ブース出展予定だ。オリジナルボトル、有料試飲ボトル、販売ボトル(フェス特価)などのラインナップも決まっている。その前に、コンペで秩父には取材に行くが・・・。

 大阪フェス、清里フェスのチラシもでき、大阪フェスでは特別セミナーも続々と決まってきている。清里フェスに関しては、今年はロックの大きな会場を使って22日の土曜の夜はスペシャルなスコッチディナーをやる予定だ。ハギスやスコッチエッグ、カレンスキンク、コカリーキ、クラナカンなどスコットランド伝統料理を用意し、トラッドなライブ音楽を聞きながら、私と輿水さんがトークショーを行う予定だ。

 私と輿水さんは2人とも天文少年だったので、ぜひとも星談義もやりたいと思っている。晴れていれば、その後外に出て私と輿水さんで星の解説もしたい。かなり忘れているが、中・高校生の頃は全天88星座、すべて言えて、しかもそれがどこにあるか、すべて分かっているのが私の自慢だった。日本では見えない、南半球の星座まで暗記していたのだから、すごいといえばスゴイ。1973年、大学2年の夏にマリアナ諸島を初めて旅して、ヤシの木越しに見たケンタウルス座と南十字星が、今でも忘れられない。雪国生まれの天文少年にとって、南十字星は憧れの星だったからだ。

 で結局、この土・日もガロアの校正、原稿書き。モートラックのタイアップ企画が入っているため、その資料読みを行う。さすがに時差ボケもありシンドイので、今日は午後から久しぶりに豊島園に行き、4時間ほど釣りをする。ロンドンで昔の釣友に会い刺激をもらったせいでもある。いつか再び『英国釣魚記』(ジャーニーでかつて私が連載していた釣りの紀行文)を、再開したいとも思っているのだが・・・。

 アイザック・ウォルトンの『釣魚大全』ではないが、そろそろ私もStudy to be quiet. ”静かなることを学べ”の年齢になってきている気がする。


s_190118_2.jpg




スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter