FC2ブログ
1
2
3
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ガロア2周年のテイスター座談会」

 昨日の土曜日から今日の午前中にかけて、再びコンペの審査員のテーブル配置、組み合わせを考える。あわせて各フライトの中身をもう一度吟味。ジャッジの組み合わせと、テーブルが決まれば、いよいよ、各ジャッジに何をテイスティングしてもらうかを決めないとならない。

 まさに、ここが今回のコンペの最大の特長(売り)で、主催者側の“腕の見せどころ”だと思っている。このメンバーにしかできないテイスティングであり、それぞれのジャッジの組み合わせ、テイスティングアイテムについては練りに練っている(と、思っている)。

 難解なパズルを解くような作業は時間のかかる作業で、集中しないとできないが、ワクワクするような楽しみでもある。私は当日プレゼンターを務めなければならないので、ジャッジテーブルには加われないが、本当は自分がやりたいくらいだ。

 それが一段落したところで、今日は12時半にウイ文研に行き、1時から『ウイスキーガロア』のテイスター6人が集まり、2周年記念号の座談会を行う。テイスターが集まって座談会をやるのは、実に2年ぶりくらいかもしれない。『ウイスキーワールド』の頃は1年に1度、その年にテイスティングしたボトルから、トップ10などを決めていたが、ガロアでは一度もやっていなかった。

 そこで今回の座談会となったが、この2年間で私たちがテイスティングしたアイテムは全部で288本。そのうちの半数はスコッチだったが、ガロアでは積極的にウイスキー以外のコニャック、ジン、スピリッツなどもやってきた。それらをすべてリストアップし、まだボトルやサンプルが残っているものは実際にテイスティングしながら、この2年間を振り返ってもらった。

 結局、座談会は2時間半くらいかかったが、いくつかの提案もなされ、今後のガロアのテイスティングについても参考になることが多かった。ワールドのテイスターには創刊(2005年)以来、12年にわたってやってもらったが、今回のメンバーはまだ2年。それでも、多くの発見があり、そしてウイスキー以外のスピリッツに広げていく方向性、その可能性も探ることができた。

 コンペのこともそうだが、ガロアのこれからの新企画、誌面編集にも大いに参考にしていきたいと思っている。それにしても2時間半の座談会で飲んだウイスキーは20~30種類!最後にはジン、アブサンまで飲むことになった。それにしても、よく飲むテイスター陣である。頼もしいといえば、頼もしいのだが…。 


s_190113_1.jpg


s_190113_2.jpg


s_190113_3.jpg


s_190113_4.jpg



スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter