FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「FM大阪のラジオに出演。成人の日の…」

 次号の『ウイスキーガロア』がようやく下版し、あとは印刷所からの刷り上がりを待つだけとなった。見本誌は年内ギリギリに届くが、発送・配本はやはり年明けになる予定だ。

 ということで、このところ次々号(3月12日発行予定)のガロアの編集・広告ミーティングが相次いでいる。次々号は創刊2周年記念号ということもあり、再び日本のクラフト蒸留所について、その“現在地”を現場からお届けするつもりだ。そのため年明け早々から、全国行脚が待っている。

 さらに2月10日に迫った、第8回ウイスキー検定に向けて急ピッチで問題作りが続いている。もちろん秩父ウイスキー祭(出展とトークショー)と、3月のコンペに向けても連日ミーティング三昧だ。また、来年6月の大阪フェスについても、すでに始動していて年明け早々には、こちらもお知らせができるだろう。

 そんな中、11月の東京フェスの動画が完成して、ようやくユーチューブにアップすることができた。わずか4分足らずの動画だが、改めて見ると、なかなか面白い。これは今後も続いていく予定で、特に3月のコンペでは、その準備から、裏方の作業まで、ドキュメント風に迫っていきたいと思っている。

 ということで、師走の字のごとく走り回っているが、今日は9時に平河町のサウンドラボに行き、来年1月14日に放送されるFM大阪の番組のためのスタジオ録音。ペルノリカール社プレゼンの「新成人に向けた大人の酒の飲み方」といったテーマで、DJのリオさんとウイスキーについて、ウイスキーの楽しみ方についてトークを行う。

 成人の日なんて、もう45年も前の話だが、考えてみれば、あの頃からいつもウイスキーは私の傍にあった気がする。探検部で山をやっていたので、よく山に持って行った(緊急用でもある)のはサントリーのホワイトだったし、1981年の厳冬期ヒマラヤ探査行では、もし生きて帰れたら飲もうと思って、インドに向かう香港の空港でカティサークを1本買ったのを思い出した。

 マイナス30℃のインド・チベット、ザンスカールの雪と氷の世界を単独で約500キロ歩く…。断崖絶壁の凍った川の上を歩くルートで、最後の峠越えは、日本人としては初の冬期探査行だった。だからベースにしていたレーの町の下宿に、カティサークを1本残して旅立ったのだ。

 なぜカティサークだったのか、今となってはハッキリしないが、おそらく緑のボトルと山吹色のラベルが鮮やかで、しかも大好きな帆船が描かれていたのが、その理由だったのだろう。山を始める前の一時期(高校時代)、船乗りになろうと真剣に考えていたことがある。

 もう1つの理由は、黄色がチベット仏教、ラマ教の象徴の色でもあったからだ。ゲルク派という黄帽派が主力で、もちろんダライ・ラマはその長である。そうしたこともカティサークを選んだ理由だったと思われる。いずれにしろ、2ヶ月後無事レーにもどり、そのカティサークを飲んだことは言うまでもない。味については残念ながら、何ひとつ覚えていない。

 2ヶ月間苦楽を供にした現地の友人、タシの顔と、最後にポーターをかって出てくれたカルシャゴンパ(寺院)のラマ僧、ソナムの顔だけは今でもはっきりと脳裏に焼きついているのだが…。レーの下宿の1室で、ロウソクの光でカティサークを3人で飲んだことだけは覚えている。

 もちろん、そんな話はラジオでは喋っていない。いや、いつか機会があれば、そんなチベットの話もどこかで喋ってみたいと思ってはいるのだが…。


【ウイスキーフェスティバル2018 in TOKYO】Whisky Festival 2018 in TOKYO




1981年2月、凍ったザンスカール河の上を歩いて奥地に入る。2ヶ月間行動を共にしたラダック人のタシ。
s_181220_1.jpg


ザンラ村の手前でザンスカール河を渡る。この時は馬に乗って川を渡った。
s_181220_2.jpg


ザンスカールの中心、カルシャ村のカルシャ寺院と村長一家。私の右隣の大男がラマ僧のソナムだ。
s_181220_3.jpg


ザンスカールの村人。
s_181220_4.jpg





スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter