FC2ブログ
1
2
3
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「コンペと来年の新しいチャレンジ…」

 ガロアの年内入稿・下版のために師走の字のごとく仕事に追われている。眼科医からは“働き方改革”をするように言われているが、これがなかなか難しい。それでも、いくつかの依頼仕事(主にインタビュー取材、ラジオ・テレビの出演、セミナー講師、講演)は、少しずつだが断るようにしている。こればかりは申し訳ないが、今までのように2~3日に1度のペースで外部の仕事は受けられないからだ。

 そのかわり、ウイ文研の仕事についてはこれまでどおり全力で取り組む予定だ。来年も新しいチャレンジが目白押しである。そのうちの大仕事が3月のコンペだ。6月くらいから準備をしてきて、ようやくエントリーボトルも決まりつつある。当初の目論見の700本には届かないが、それでも500本近くが集まる予定だ。

 年明け早々にはそれらのリストも公開したいと思っているが、ウイスキーはスコッチのシングルモルト、ブレンデッドが、オフィシャルを中心に続々と集まってきている。ディアジオ、バカルディ、グラント社などオフィシャルのシングルモルトのスタンダードクラスは、ほぼどれも集まっている。アイラだけでも20~30本、最終的に40アイテム近くになるだろう。

 バーボンやアイリッシュ、ジャパニーズももちろんだが、嬉しいのは台湾のカバランが全アイテム出品してくれていることだ。もちろんインディアンもあるし、その他のワールドカテゴリーもある。さらにクラフトジン、ブランデー、コニャック、ラム、テキーラ、スピリッツもエントリーが相次いでいる。ウイスキーについては各カテゴリー別に賞が決まったら、ぜひカテゴリーを取っ払った、いわば“無差別級”で、真のワールドベストウイスキーも決めたいと思っている。また、今回のコンペの目玉のひとつでもある、ベスト・コスパ賞も楽しみだ。

 コンペ本番まで、あと3ヶ月間。これから毎日のように準備に追われることになる。すべてのエントリーボトルの詳細なリストを作り、1本1本撮影しないといけない。そのための撮影セットも準備済みだ。ブラインドにする方法も確定しているし、ジャッジのリストも揃っている。当日、そのジャッジをどう組み合わせ、どうテーブルに付いてもらうのか。それぞれのジャッジがテイスティングするアイテムはどれか。そして会場のテーブル配置、スタッフの手配はどうするのか。課題は天文学的に山積みだが、解決できない問題はないと思っている。

 もちろんコンペだけではない。第8回目となるウイスキー検定の問題作りも、現在進行中で、年が明ければ次の号のガロアのために、再び全国取材行脚が待っている。3月売りの13号は、ガロア創刊2周年記念号で、再び日本のクラフト蒸留所の“現在地”をお届けしようと思っている。

 その合間の1月下旬には、急遽ロンドンにも飛ぶ予定だ。詳細はまだ発表できないが、久しぶりのビッグイベント、そしてロンドン取材である。それが終われば秩父ウイスキー祭り、そしてマスター・オブ・ウイスキーの2次審査、コンペ、さらにレクチャラーの1日認定講座、および試験。4月にはプロフェッショナルセミナー、アイラ島蒸留所ツアーが待っている。

 うーん。働き方改革はこれでできるのだろうか…。


s_181211_1.jpg






スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter