1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「大崎ゲートシティのセミナー」
 通信の校正、『ウォンズ』の原稿のための資料読み、午後スコ文研。『Whisky World』最新号が届いている。“The”のないWhisky Worldとなって7号目、もうじき創刊7周年を迎えることになる。
『The Whisky World』として通巻30号、『Whisky World』となって通巻7号、合計37冊…。よく作ってきたものだと思う。今号の特集はスコ文研の原点ともいうべき六本木・西麻布。さらにスペイサイドの蒸留所。そしてマッカランのフェイクボトル大検証会だ。
 夕方6時に大崎ゲートシティ内にあるアイリッシュパブ「シャノン」へ。7時からゲートシティ内のオフィスに勤めるサラリーマン、OL対象のシングルモルトセミナー。「樽を知れば、もっとシングルモルトが美味しく飲める」というテーマで、シングルモルトの個性を決めるオーク樽について解説。
その後、①ザ・グレンリベット・ナデューラ、②土屋守セレクション、ハイランドパーク1998、③マッカラン・ファインオーク12年、④スコ文研オリジナル、グレンロセス2001、⑤同ブラックアダー・ロウカスク、ラフロイグ1998の5種類をテイスティング。
 ①のナデューラはアメリカン・ホワイトオークのバーボン樽のファーストフィル、②のハイランドパークはヨーロピアンオークのファーストフィルのシェリーバット、③はもちろんシェリー樽とバーボン樽のヴァッティング、④はフレッシュポート樽(ホグスヘッド)で、⑤はロウカスクなので、樽の内側の炭まで味わえる。これだけ、それぞれの樽の個性が際立つラインナップも珍しいだろうと、ちょっぴり自画自賛。
 で、結局、最後に参加者20名に好みを聞いてみたところ、①のナデューラを推す声が一番多かった。2番はラフロイグで、3番はハイランドパーク…。モルトの初心者が多かったせいもあるが、甘く、バニラのようなフレーバーがあるグレンリベットが、一番分かりやすかったのかもしれない。
 その後アイリッシュ料理をいただきながら懇親会。10時半頃に電車で恵比寿に帰宅…。『ウイスキー通』の増刷が決まりましたと、新潮社から電話があった。てっきり絶版になると思っていただけに、正直ほっとしたと同時に、嬉しかった。ウイスキーはやはり、来ているのだろうか…。

大崎ボトル 大崎



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter