FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「嘉之助、メローコヅル、そしてマルス津貫蒸溜所」

 東京フェスに向け、会員向けのDMを発送する作業をスタッフ総出で金曜日に行う。一方、ガロアとライフの入稿作業も急ピッチだ。来週23日にはガロアの入稿を行わないといけないし、その翌週には検定合格者向けのライフの入稿も待っている。

 そんな中、土・日とウイ文研の国内蒸留所ツアーで、鹿児島の嘉之助とマルス津貫を訪れる。早朝7時40分のフライトで鹿児島に向かい、まずは空港で参加者をピックアップ。さらに11時前に鹿児島中央駅で、残りの参加者をピックアップし、スタッフを入れ総勢34名でツアーがスタート。

 昨年、同時期に行った鹿児島ツアーは台風にやられて両日とも激しい雨だったが、今回は丸2日間とも快晴!南国の日差しを浴びて汗ばむほどだ。まずは嘉之助蒸溜所を目指し、日置市へ。先にマグロの館でマグロ丼の昼食を食べて1時すぎに嘉之助へ。小正社長以下の出迎えをうけて、まずは小正醸造の歴史にはじまり、ウイスキー蒸留所を建てることになったその経緯と、想いを伺う。見学はマッシュタンから発酵槽、そして蒸留まで、すべてのプロセスを詳しく説明してもらい、その後は計6種のテイスティング。その後、東シナ海を一望できるバーや、海岸の風景を楽しみ、熟成庫へ。

 今回のツアーはそれだけで終了ではなく、メローコヅルの焼酎蔵のほうも特別に見せてもらった。特に木桶蒸留器や、鹿児島では小正さんだけという、横型の焼酎蒸留器など、非常に興味深かった。この焼酎造りがあってこその、ウイスキー造りなのかと、改めて思った次第だ。

 嘉之助後は鹿児島にもどり、駅前のホテルで1泊。夜は地元の居酒屋で、懇親会。小正さんや、本坊の本坊社長も参加してくれて、大盛り上がりとなった。その後、本坊さんら有志20数名と2軒目として「BB13」へ。結局、もどって寝たのは深夜すぎだった。

 今日は8時40分にホテルを出て、一路南さつま市加世田のマルス津貫へ。10時前に着いて再び全行程、ジン造りからウイスキー造りについて、すべて見せてもらう。もちろん、テイスティングもあり、その後は寶常に移動して、思い思いに試飲やショッピング。1時前に蒸留所を出て、すぐ近くの農家風、ソババイキングを食べ、予定より早く鹿児島中央駅、さらに空港でそれぞれ参加者をおろし、1泊2日の蒸留所ツアーは無事終了。

 蒸留所の詳細、ジンについては次号のガロア、そして次々号のガロア(2019年3月12日号)で、掲載したいと思っている。小正と津貫、どちらもワンバッチ1トンで、マッシュタンからスチルまで、やはりどちらも三宅製作所である。今回2つを同時に回って、今まで知らなかったこともわかり、実に面白かった。鹿児島の焼酎文化に、さらにウイスキー文化が加わったという感が強い。世界的にも通用する、いわば「サツマ」という蒸留酒王国の誕生だ。


s_181021_1.jpg


s_181021_2.jpg


s_181021_3.jpg


s_181021_4.jpg


s_181021_5.jpg


s_181021_6.jpg


スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter