FC2ブログ
1
3
5
6
7
8
12
13
14
16
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2018

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ピナクル、ブッシュミルズ、そしてバランタイン…」

 連休前の最後の金曜日は12時に神楽坂の「サンルーカル」に行き、サントリーのウオッカ、ピナクルの取材。次号のガロア用で、今回はサンルーカルのSさんに、そのピナクルを使ったソルティドッグをつくってもらうことにした。

 サンルーカルに来るのは久しぶりだったが、相変わらずSさんのつくるカクテルは美味しい。私とSさんの付き合いは、まだSさんが銀座の「テンダー」にいた頃で、25年くらい前の話になる。当時、明治屋と組んでホワイト&マッカイのセミナーをやっていたが、そこでSさんにそれを使ったカクテルを毎回つくってもらっていた。結局、美味しいソルティドッグを3杯近く飲みながら順調に撮影と取材は終了。

 その後1時すぎに、こんどは歩いて5~6分のパブ、「ロイヤルスコッツマン」に行き、アサヒさんのブッシュミルズ5本の撮影。これも次号のガロア用で、ここで懐かしいスチルのポスターを見つけ、それをスマホでパチリ。今ウイ文研が作っているポスターも、こんな感じになるだろうと思う。サイズをどうするか、思案中だが。

 2時半すぎにウイ文研にもどり、その後はガロアの校正、ミーティングとなって、この3連休は原稿と問題作りの正念場。3日とも、ほぼ1歩も出ずに恵比寿の仕事場にこもって、ガロアの原稿、名酒事典の校正、そしてウイスキーエキスパート試験の問題作り。1日10時間近い作業だが、さすがに昔のように集中力が続かない。以前なら2日くらいでできてしまう作業が、3日も4日もかかってしまう…。

 ということで、今日の午前中も、朝6時からその作業をして、12時半に銀座の「BAR TIMES」の新しい店舗へ。そこで1時から、バランタインの新商品、「バランタイン17年トリビュートリリース」について、マスターブレンダーのサンディ・ヒスロップ氏と対談。トリビュートリリースは日本限定で、昨年につづく第2弾。今出ている『ウイスキーガロア』で、私とHBAのKさんとで対談をしているが、今回はガロアではなく「BAR TIMES」用だ。

 17年とトリビュートを飲み比べながら、サンディさんと1時間ほど対談。サンディさんとも、もう20年近い付き合いで、初めてお会いした時は、前任のロバート・ヒックス氏の下でブレンダー修行をしていた。ついつい、ロバートさんや、さらにその前任のジャック・ガウディさんの懐かしい話になってしまう。サンディさんの、それぞれの人物評が面白く、思わず笑ってしまった。

 で、再び2時すぎにウイ文研にもどり、校正と事務作業。そしてミーティング。もうすでに次々号のガロアのジン特集のボトル撮影も、今回からスタートである。計130本近くを、特集することになる。


s_181009_1.jpg


s_181009_2.jpg


s_181009_3.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter