FC2ブログ
1
3
5
6
7
9
10
11
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2018

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「横浜セミナーとビルさんインタビュー」

 先週の土・日はウイスキー検定公式テキストの入稿前、最後の校正。ほぼ240ページを一気に読みかえし、赤を入れる。さすがに夏の疲れもあり、2日間の校正は相当シンドイものがあった…。今週中に入稿したら、いよいよ、来週から再来週にかけて下版だ。

 昨日の月曜は午前中、次号のガロアの画像選びをして、昼すぎに横浜の中華街へ。2時からローズホテルで、NBA横浜支部主催のセミナーを行う。横浜でのセミナーは、じつに4年ぶりくらいで、本当に久しぶり。それだけ、この4年間が忙しかったということだろう。

 ということもあり、今年4月から7月にかけて行ったスコットランド取材、アイルランド取材をもとに、スコッチのクラフト蒸留所と、アイリッシュのクラフト蒸留所の最新情報を資料と、そして画像を使ってお伝えすることに。予定をちょっとオーバーして4時すぎに終了し、その後、ホテル内の個室で懇親会。支部長のAさん以下10人くらいと一緒に中華を食べ、久しぶりに楽しい時をすごす。

 恵比寿の仕事場にもどったのは夜8時前だったが、久しぶりに飲んだ紹興酒がきいている。今日はそれでも朝5時に起き、9時ちょいに神田神保町のMHDモエヘネシーディアジオへ。9時半から次号ガロアのための、ビル・ラムズデン氏特別インタビューを行う。

 ビルさんとは年に2~3回お会いしているが、インタビューするのは、これも4年ぶりくらいで、もちろんガロアとして初めてだ。この4年間でスコッチを取り巻く環境は劇的に変化している。クラフトが急増し、それにともなって樽のことや、大麦の品種のことや、最近は酵母についても、様々な発見、変化があった。

 ”樽のパイオニア”であるビルさんに、グレンモーレンジィ、アードベッグのことも含めて、今聞いておきたいことが山ほどある。もちろん、来年で10周年を迎えるプライベートエディションのことや、グレンモーレンジィの新たな蒸留所、アードベッグの拡張のこともそうだが、今、ビルさんが何に興味を持ち、何をこれからしようとしているのか、ここらで一度整理して聞いておきたかったというのが本音だ。

 もちろん、2時間というインタビュー時間では語りつくせないことばかりだし、まだまだ聞きたいことは山のようにあったが、それでも、過去のインタビューでは聞けなかった数々の面白い話を聞くことができた。すべてを誌面でお伝えすることは不可能だが(かなりシークレットな部分がある・・・)、過去の編集長インタビューではなかった、7ページほどを割いて、お伝えしたいと思っている。

 2019年から20年にかけて、新たなグレンモーレンジィとアードベッグ蒸留所が誕生することになる・・・。


s_180911_1.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter