FC2ブログ
1
2
4
6
7
8
9
10
12
14
15
16
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2018

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「酒類コンペと名酒事典、ガロアの表紙」

 ガロアの初稿出し、再校が続いているが、毎年恒例(?)となっている『世界の名酒事典』の、来年度版に向けての作業が始まった。私が名酒事典のウイスキーの項を担当するようになったのは1996年くらいからだったと思うので、かれこれ20年近くになる。担当のIさんも私と同じ歳。お互いに、これが最後になるかもしれないと、ここ2~3年言ってきた。はたして来年は…。

 ということで、その原稿も書きつつ、ガロア、検定のテキストの校正。そして来年3月に行う、ウイスキーとスピリッツの日本初のコンペティションに向けて、その草案作り、審査員(180名程度を予定)の人選にも入っている。今日はそのことで、日比谷ミッドタウンの「スターバー」に、Kさんを訪ねてミーティング。7月中に審査員の人選を済ませ、8月上旬にはプレス発表も行いたいと思っている。ウイ文研の新たなビッグチャレンジだ。

 アイルランド取材は2週間と書いたが、前半の3日間は、鹿児島の佐多さんたちをアテンドして、ダブリン周辺の6~7蒸留所を訪れることになっている。その後、28日の木曜日からレンタカーを借りてスライゴー、ドニゴール、カネマラ、さらにディングル半島、コークケリー周辺を訪れる予定だ。

 ドニゴールやディングル半島は、1998年にNHK・BSの旅番組で訪れて以来となるので、20年ぶりだ。あの時はパブの文化を訪ねてダブリンから時計廻りにアイルランドをぐるりと4分の3周した。ディングルに行ったのは、映画『ライアンの娘』のロケ地を訪れるためで、ドニゴールではエンヤの父、レオさんがやっているパブを収録するためだった。アコーディオンの弾き語りで歌う、レオさんの歌声が今でも忘れられない。あれから20年・・・。どうしているだろう。

 そのアイルランドの蒸留所については9月12日発売の10号でお伝えする予定だ。そういえば、次の9号の表紙が刷り上がってきた。今回はアメリカン特集だったが、表紙はあえてマッカランの新蒸留のスチル写真で行くことにした。本邦初公開(?)である。

 5月21日(月)のグランドオープンのパーティーの、深夜12時すぎに、タキシード姿のまま手持ちで撮った写真である。もちろん昼間みたらこうはならないだろうし、深夜12時すぎのスチルハウスの写真なんて、もう2度とないかもしれない。

 トーハン、日販、大阪屋など、ガロアがついに大手取次店経由で全国の書店に配布される記念すべき第1号に、ふさわしい表紙ではないかと思っている。


s_180621_1.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter