FC2ブログ
1
3
5
6
7
9
10
11
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2018

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ガロアの入稿とWPの採点・合否通知…」

 このところサッカーワールドカップ・ロシア大会をテレビで観ているため、寝不足である。さらに悪いことに恵比寿の仕事場があるマンションが外壁工事のため、朝からその騒音にも悩まされている…。

 ということで、連日の寝不足にも負けず、ガロアの入稿、その校正、さらにWPの採点、検定テキストの校正と追いまくられている。そのガロアの入稿も昨日無事済ませ、あとは下版までその再校正を続けるのみ。ガロアで中断していた検定テキストの校正に再び集中している。

 今週日曜から2週間アイルランド取材で不在になるため、その間に進めてもらうことをスタッフと連日ミーティング。第7回となる検定も、そろそろその問題作りに取りかからないといけない。いつものことだが、3級、2級、1級、そして今回はシングルモルト級だが、計400問を作る作業が待っている。

 第9号のガロア(7月12日発売)の入稿を終えたばかりだが、もうすでに10号(9月13日予定)の編集ミーティングにも入っている。10号は再び、スコッチの蒸留所特集で、5月に訪れたトラベイグやアベラルギー、グレンウィヴィス、クライドサイド、ボーダーズ、そしてリンドーズなどを中心に取り上げる予定だ。

 WPの採点が終わったばかりだが(合否通知の発送は今週中)、すでに10月のエキスパート試験の東京・大阪の集中セミナーの受付が始まっている。東京は7月22日(日)で、大阪は7月29日(日)。その前日の28日(土)は京都でウイビアメッセ。ウイ文研もブース出展するが、私もセミナーを1つ予定している。ここ2回(大阪・福岡)はインディアンウイスキーのポールジョンをやったので、今回はウイ文研のオリジナルボトルを飲んでいただきながら、現在のスコッチのクラフトブームと、その最新情報についても触れたいと思っている。

 さらに、その翌週の8月5日(日)は札幌のウイスキーフェスで、ウイ文研はまったく関係ないが、ついでに紅櫻の取材と、札幌・小樽で「ぶらり旅」の取材をやるため、ブース出展を予定している。残念ながらセミナーはできないが、札幌でブース出展するのはウイ文研としても初めてかもしれない。

 このところ、この手のフェスが大流行で、ウイ文研の”ウイスキーフェスティバル”と紛らわしいものも多く、出展者からもいろいろ問い合わせがくるが、うちが主催しているのはウイスキーフェスティバル東京・大阪くらいで、共催・後援しているのが長和のウイスキー&ビアキャンプと京都のウイスキーパーティーくらいである。

 もちろん、時間とスタッフの都合がつけば、積極的に出展したいと思っているのだが、なかなかそれも叶わず、私自身は、ほとんど土・日は全国を取材やセミナーで飛び回っているのが現状だ。

s_180620_1.jpg




スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter