FC2ブログ
1
3
5
6
7
9
10
11
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2018

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ウイスキートーク福岡で博多に行く」

 先週一週間はとにかくガロアの原稿・校正作業、そしてウイスキープロフェッショナルの採点におわれた。毎日、机に12時間以上座っていたことになる・・・。

 その間にも、24日(日)から出発するアイルランド取材のアポ取りやスケジュール調整、そして来年3月に行うウイスキーとスピリッツのコンペについてのミーティングが連日続いた。

 また、次号のガロアから書店の取次が大手のトーハンさんなどに変わるため、その準備、雑誌コードの取得など、ガロアの新体制づくりのほうも急ピッチで進めている。次号の発売日が通常より2週間遅れの7月12日(書店並び)となっているのは、そのためだ。これからは2ヶ月に一度、奇数月の12日にガロアは発売されることになる。

 そんなこんなで、執筆、校正、ミーティングの毎日が続いていたが、この土・日と毎年恒例の「ウイスキートーク福岡」のために福岡に行く。土曜は夕方飛行機で福岡入りし、トークの生みの親、A先生夫妻と秩父の肥土さん、ワールドの元テイスターYさん、そして私とウイ文研スタッフのNさんの6人で寿司屋に行き、その後主催者のHさんが経営する「バーヒグチ」へ。

 寿司屋の乾杯の席から、A先生持参のラフロイグ10年のオールドボトル(70年代)を飲んでいたが、バーヒグチに行ってからも、とんでもないボトルの連続で(56のタリスカー、51のハイランドパーク、ポートエレンの37年物などなど)、すっかり良い気分になってしまった。とにかく、博多はおそるべしである・・・。

 結局、ホテルにもどって寝たのが1時すぎで、今朝は8時に朝食をとり、9時20分に会場入り。さっそくブースの準備をして、11時45分にトークがオープン。昨年よりブースの会場は広くなったが、オープンと同時にスゴイ人で、ピークの1時すぎにはまるでラッシュアワーの車内のような状態になっていた。

 私自身は2時からインディアンウイスキー、ポールジョンのセミナーをやり、再び5時から全セミナー講師出席のトークショーに。Hさんの司会で、なごやかにトークは進行し、6時には無事終了。全体会場も6時に閉会となり、急ぎブースにもどって撤収作業。7時前には会場を後にして、タクシーで空港に向かい、夜8時のフライトで東京にもどってきた。

 今週はいよいよガロアの入稿作業と、そして2週間のアイルランド行の準備が待っている。


s_180617_1.jpg


s_180617_2.jpg


s_180617_3.jpg


s_180617_4.jpg


s_180617_5.jpg




スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter