FC2ブログ
1
3
5
6
7
9
10
11
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2018

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「スーパーニッカ、WP、そして大全シリーズ・・・」

 先週はガロアの原稿と飲み会が続いたせいで、体はヘロヘロになっていたが、取材がすべて終わったわけではなかったので、金曜日はその取材で柏のニッカ工場へ。満開の桜の中を2時に工場に着き、チーフブレンダーの佐久間さんにインタビュー。

 この春にスーパーニッカのキャンペーンが始まるため、今再びスーパーニッカを訴求する目的や、そのブランドヒストリーを聞くためである。ブレンダー室に、初号のスーパーニッカ(1962年発売、当初は1,000本の限定だった)から、歴代のボトルを並べてもらい、その味わいの特徴、変遷について伺った。

 その後、再びオフィスにもどり、ガロアの台割りの最終ミーティング、フェス等のミーティングを行い、昨日の土曜は午前から昼にかけてガロアの原稿。そして4時すぎの新幹線で再び大阪へ。

 今年に入ってから日本全国を移動につぐ移動だったが、今回はウイスキープロフェッショナル(WP)の1日集中セミナーのため。7時すぎにホテルにチェックインし、夜はセミナーの準備。

 今日は8時半に会場入りし、9時20分から一日講習がスタート。30名ほどの受講者がいたが、中にはマスター・オブ・ウイスキーやプロフェッショナルの修得者も。受験対策でなく、最新情報を仕入れるためのブラッシュアップだが、毎回ながら頭が下がる。

 セミナーはスコッチ、アイリッシュ、アメリカン、ジャパニーズ、カナディアンとやって、午後1時半すぎからはモルトウイスキーの製造、そして最後はテイスティングの実際を、試験に即して講義。WP試験は今年(5月下旬)で12回目になるが、ますます受講者のウイスキー熱は高まっているように感じる。

 教本上巻の製造編は4月中旬に出版予定だが、下巻の世界5大ウイスキーについては、残念ながら改訂が間に合わない。2020年までの改訂を目指してはいるが、その前にウイスキー検定のテキストの改訂のほうが先になりそうだ。こちらは小学館からだが、4年ぶりに全面改訂を行いたいと思っている。

 さらに、これも小学館からだが、私の大全シリーズのファイナル版『スコッチ・シングルモルト大全』(仮題)を、2019年中に出したいと思っている。ついでに(?)、『アイリッシュウイスキー大全』、『アメリカンウイスキー大全』、そして『ジャパニーズウイスキー大全』も出したいと思っているのだが・・・。

 最後のジャパニーズが出るのは、日本のウイスキー100周年記念の2023年になる予定だ。それまで、これから毎年1冊ずつ、大全が出ることになるのだが、アイザック・ウォルトンの名著『釣魚大全』から発想した、この大全シリーズ。これまでに5冊出しているが、これからの5年間でさらに5冊を追加することになる。私が古希を迎えるまでには、すべて完結させたいと思っている。


s_180401_1.jpg


s_180401_2.jpg


s_180401_3.jpg


s_180401_4.jpg





スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter