2
3
4
5
6
7
9
11
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2018

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ターキーのインタビューと映画のトークショー」

 月曜日の大雪は、さすがにこたえた。強まる一方の雪をウイ文研の窓の外に見ながら、2時すぎにスタッフ全員に4時までの帰宅を命令。私も4時前に仕事場にもどり、ガロアの校正、原稿執筆。検定の問題の入稿も大詰めを迎え、いよいよ制作に取りかかる。

 今日は朝9時すぎに京橋の明治屋に行き、9時半からワイルドターキーのエディ・ラッセルさんにインタビュー。ガロアの編集長インタビューで、エディさんにお会いするのは、3~4年ぶり。

 1時間半ほど、エディさんから父ジミーさんのことや、今のワイルドターキーの取り組み、それぞれの製品のコンセプトの違いなどを伺った。私がターキーを取材するようになって、13~14年になるが、その間に会社自体もペルノからイタリアのカンパリに、そして日本のインポーターもペルノ、サントリー、そして今年から明治屋に変わっている。

 変わらないのはジミーさんだけで、今年でたしか84歳になるはずだが、(ターキーに入ったのは私の生まれ年である1954年!)、今でも蒸留所内にジミーさんの執務室があり、さすがに毎日ではないが、やはり蒸留所に顔を出しているという。

 無事にインタビューを終えたところで、地下鉄で渋谷に移動し、1時からユーロスペースで映画『ウイスキーと2人の花嫁』の特別試写会。主にマスコミと、ウイ文研の会員バーなどを対象とした試写会で、上映の前に舞台上で15分だけトークを行う。

 協賛してくれたバカルディジャパンさんのデュワーズ12年のハイボールを飲みながら、映画の背景になったSSポリティシャン号の座礁事故について話をする。午前中のインタビューからターキーのバーボン、ライウイスキーを5杯飲んでいたので、飲み続けということになったが、やはりデュワーズのハイボールは美味しい!

 その後、映画がスタートしたが、私は配給元のシンカさんの事務所に移動し、映画がらみのインタビューを受けることに。こんどは私がインタビューされる側で、週刊文春と、全国農業新聞の取材。

 結局、2社で1時間半ほどのインタビューを受け、ウイ文研にもどったのは4時前。映画のことも気になってはいたが、とりあえず、目の前の『ウイスキーガロア』の編集作業に集中する。デザイナーのKさんからレイアウト案が次々と上がってきていたからだ。


180124_1.jpg


180124_2.jpg


180124_3.jpg




スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter