FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
10
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  12 ,2018

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「一年の感謝をこめて・・・」

 宮古からもどって休む間もなく月曜から仕事復帰。たまった事務仕事を片付け、再びミーティングの毎日。『ウイスキーガロア』第6号は昨日夕方、印刷所から届いたが、その発送作業もあり、ウイ文研は足の踏み場もないほど。

 そんな中、もう次号のガロアのミーティング。巻頭特集のブレンデッド、そして連載最後となるアイリッシュ、コニャックの画像さがしも始まっている。さらにウイスキー検定の問題作りも3級・2級がほぼ完了し、今週から1級、ジャパニーズ級のほうに取りかかっている。

 それにしても、刷り上がったばかりの『ウイスキーガロア』を手にとって眺めるのは、いつもワクワクする瞬間だ。しばらくは、ぱらぱらめくって眺める日が続くだろう。これは、まさに編集者冥利につきるというもの。どんなに途中苦しくても、刷り上がった雑誌を手に取れば、やっていて良かったと思えるのだ。

 ガロアは今年2月に創刊して、無事6号まで作り終えることができた。原点に返って、“すべて現場主義”を編集方針としたが、今年1年、いろいろな蒸留所に行ったものだと我ながら思う。日本のクラフト蒸留所を皮切りに、スコットランド、アイルランド、そして再びジャパニーズ、そして最後はインディアンである。

 1月から数えてみたら、その数約60ヵ所。これには焼酎、泡盛の蒸留所も含まれているが、平均して週に1ヵ所以上の蒸留所を訪れたことになる・・・。63歳という年齢を考えたら(もうじき64になる)、正直キツイものがあるが、それでも現場に出ることの面白さ、楽しさに比べればたいしたことはない。

 “生涯現場主義”、一年の終わりに近づいて、より強くそのことを思う日々である。トーマス・デュワーの言葉ではないが、やはり”There is no fun like work”である。仕事ほど面白いものはないと言えるのは、幸せなことなのだと思う。

 来年も、とにかく現場(蒸留所)にこだわりたいと思っている。まだまだ見ていない蒸留所が、山のようにあるのだから・・・。

 今年一年、ありがとうございました。


171227_1.jpg


171227_2.jpg


171227_3.jpg


171227_4.jpg


171227_5.jpg


171227_6.jpg


171227_7.jpg


171227_8.jpg


171227_9.jpg




スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter