FC2ブログ
1
2
4
6
7
8
9
10
12
14
15
16
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2018

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「20年以上前の新聞スクラップ・・・」

 このところ体調不良で休むスタッフが続出で、なかなか作業が進まない。私も腸の具合がイマイチだと思っていたら、こんどは歯の具合も悪くなり、今日は午前中、横浜の歯医者に行く。

 昔、開高健が「男は頭(髪)から眼、歯と上から順に老いていく」みたいなことを書いていたが、私の場合、眼、歯、そして頭と続きそうだ。もっとも、これにはもう1つ話があるのだが・・・。

 このところセミナー関係は一段落しているが、連日『ウイスキーガロア』の入稿、校正作業が続いている。すでに創刊1周年記念の第7号の企画もスタートしていて、こちらのほうのミーティングも連日だ。

 創刊1周年の記念号は増ページし、スコッチのブレンデッド、アイリッシュ、そしてインディアンウイスキーなど盛り沢山だ。ブレンデッドの銘柄のリストアップはほぼ完了し、すでにボトルの手配を進めている。ガロアでは初となるブレンデッド大特集で、60ページで、30近いブランドのストーリーを紹介したいと思っている。

 アイリッシュは残りのウォルシュ、ボアン、スレーンキャッスルの3つで、コニャックはダニエルブーシュとデュケイを取り上げる。インディアンはアムルットとポールジョンを予定している。そして「ぶらり旅」は、沖縄の宮古だが、その宮古のバーTHINKのTさんが、自身のブログ『我想うゆえに・・・』で、私のセミナーのことを書いてくれている。

 驚いたことに、1993年に私が書いた当時の新聞のエッセイ(たしか全20回くらいだった)の切り抜きを大事にスクラップしてくれていて、それを紹介しているのだ。これは共同通信の文化部に頼まれた連載原稿で、地方紙20社くらいが94年から95年にかけて紙面にしてくれたものだ。

 「ウイスキー評論家になる前の土屋さん・・・」と書いてくれているが、これは『モルトウイスキー大全』を上梓する以前のもので、たしかに私の肩書きはエッセイストとなっている。この連載の直後に大全を上梓し、2000年頃から、そういえばウイスキー評論家を名乗っている・・・。

 私がルポライター、フォトジャーナリストとしてデビュー(?)したのは、40年前の1977年のこと。平凡社の雑誌『太陽』に、チベット(インドチベットのラダック・ザンスカール地方)のフォトドキュメントを7ページで書かせてもらったのが最初だ。23歳の時だった。

 その後、『アサヒグラフ』や『山と渓谷』『岳人』、さらに『旅』など多くの旅行雑誌にも写真や紀行文を書かせてもらった。もちろん共同通信の文化部との付き合いもその頃からで、当時はチベットやシルクロード、インドのドキュメントも連載で書かせてもらっていた。それが20年後、こんどはウイスキーに変わったのだが、Tさんのスクラップしてくれていた記事は、まさにそれだったのだ。


171214_1.jpg


171214_3.jpg


171214_2.jpg


スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter