7
9
11
13
14
15
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2018

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「『ウイスキーガロア』の入稿作業に追われる」

インドから帰って、その日だけは仕事場から一歩も出ずに原稿を書いていたが、4日の月曜からはいつものように仕事場とウイ文研のオフィスを往復する毎日。

たった5日だったが机の上には書類等が山積し、『ウイスキーガロア』、コニサーテキスト、注文原稿など、やるべきことが目白押しだ。

なかでもガロアは今週1週間が勝負で、毎日原稿と、入稿作業、校正・編集作業に追われている。同時に来年2月末発行の第7号の編集会議、取材などもすでに開始している。2ヶ月に1度の発行とはいえ、雑誌づくりに休みはないのだ。

第7号の「ぶらり旅」の取材で21日からは沖縄の宮古島に飛ぶが、その際に、ウイスキー以外の日本の蒸留酒の取材も開始しようと思っている。いわば”国酒探訪”だ。

9月から10月にかけ、鹿児島の芋焼酎、佐多宗二商店を取材したが、今度は宮古で多良川等、泡盛メーカーの取材である。できれば来年2月の第7号あたりから連載ができればと思っているのだが。

2月4日の第6回ウイスキー検定については、今回セミナーは開かなかったが、すでにその問題作りは着手している。さらにインド取材と、来年2月17日の映画『ウイスキーと2人の花嫁』の公開に合わせて、1月20日(土)には、ウイスキーコニサー、ウイ文研会員、ウイスキー検定合格者を対象とした、ブラッシュアップセミナーもやることにした。

翌21日は名古屋でウイスキーラヴァーズのイベントがあるが、残念ながらウイ文研の出展が叶わなかったので、そのかわりというか、急遽、東京でセミナーを開講することにした。そうでなければ名古屋でセミナーをと思っていたのだが・・・。

それが終われば2月には秩父ウイスキー祭、3月の京都ウイスキーパーティー、そして5月の東京バーショーにはウイ文研として出展する。そして6月には恒例の大阪フェスが待っている。10日前にウイスキーフェス東京2017が終わったばかりだが、すでに来年のフェスについても動き出しているのだ。

その前にマスター・オブ・ウイスキーの試験、プロフェッショナルの集中対策、検定、さらに毎年恒例のスコットランド蒸留所ツアーもあるし、来年もウイスキーが熱い・・・。

171207_1.jpg


171207_2.jpg


171207_4.jpg


171207_3.jpg


171207_5.jpg


171207_7.jpg


171207_8.jpg


171207_9.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter