2
3
4
5
6
7
9
11
12
13
14
16
17
19
20
21
22
25
26
27
28
29
30
  04 ,2018

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「水戸「紅茶館」で恒例のセミナー」
 上野発8時の常磐線特急で水戸へ。そこからタクシーでセミナー会場となる「紅茶館」へ向う。「紅茶館」のSさんとは、24~25年の付き合いで、1995年から毎年1~2回、多い時で3回、「紅茶館」や駅前の京成ホテルで、各種のセミナーを行ってきた。

 もちろん紅茶教室の生徒さんが主体なので、紅茶や中国茶の話もするが、このところ定番となっていたのが昼間のイギリスやスコットランドの歴史や文化セミナー、そして夜はウイスキーのテイスティングセミナーだ。

 今回も10時半から30名ほどを対象にイギリス文化、特にケルト文化について話をし、その合間に少々早いがアフタヌーンティーをいただく。当たり前のことだが、「紅茶館」が用意してくれる2~3種の紅茶が実においしい。

 毎年のようにSさんたちがインドのダージリンなどに行き、直接仕入れてくるものがあるからだ。昼の部は結局1時すぎに終了し、一度ホテルにチェックイン。夕方までの時間はホテルで原稿執筆。

 5時前に再び「紅茶館」にもどって、6時から始まるテイスティングの準備。参加者は40名ほどで、6種のウイスキーをグラスに注ぐのも私の役目だ。紅茶の生徒さんたちは紅茶をサーブするのは慣れているが、ウイスキーをグラスに注ぐのは、まったく慣れていない。240個のグラスすべてに注ぐのは時間がかかってしまう。

 準備が終了したのが開始20分前で、予定どおり6時からテイスティングセミナー。今回用意したのはフロアモルティングをやっているスコッチの5蒸留所と、そして最後は台湾のカバランのソリスト・フィノシェリーカスクだ。

 「紅茶館」は軽食も出すので、毎回セミナーではスコットランドの軽食を途中で出している。今回もハギスやスモークサーモン、そしてニシンの酢漬け、スコッチブロスなど盛り沢山の内容だった。

 さらにウイスキーに合うダンディケーキなど、ウイスキー好きも紅茶好きも満足できる内容となっている。これも、20年以上続けてきた、いわばタマモノだ。

 水戸のセミナーは、私が書いた『紅茶のある風景』という本がきっかけだったが、以来紅茶を巡る旅、ウイスキーを巡る旅は、この20年でさらに深化している。私もいつか、インドのダージリン、シッキム、スリランカの茶園を見にいきたいと思っているのだが…。


171118_1.jpg


171118_2.jpg


171118_3.jpg


171118_4.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter