7
9
11
13
14
15
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2018

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ガロア、ライフの発送・・・」

 火曜日に鹿児島から帰ってきて、連日ガロアの発送や、検定合格者向けの『ウイスキーライフ』の発送作業等におわれている。ガロア第5号は月曜日に印刷所から届き、ライフのほうは今日やはり印刷所から届いたばかりだ。

 ガロアで全国約3000件、ライフでやはり全国4000件の会員や読者、そして関係者へ発送しなければならない。そのためスクールはそれらの作業所に化し、足の踏み場もないほどだ。

 その発送作業の合間に次号、第6号の『ウイスキーガロア』のミーティングと、東京フェスのミーティングも続いている。次号のガロアは再び日本の蒸留所、アイルランドの蒸留所の特集だが、その取材で再び山﨑や余市、マルス信州に行こうと思っている。

 11月は下旬に東京フェスが待っているが、その前に山﨑、静岡、水戸、余市、信州等の取材、セミナー、講演が待っている。

 今週末にはエキスパート試験も待っていて、その問題づくりも火・水で行った。東京フェスは前売券のほうは順調に売れているが、まだセミナーで売り切れになっていないものもあり、これからそれらのプロモートもしていなかくてはならない。

 『サライ』や『世界の名酒事典』、そして『食楽』も一段落したので、これからは次号のガロアとそしてフェス、さらにウイスキー検定、来春公開の映画『ウイスキーガロア(原題)』のプロモートについても、時間を割かなければならない。

 11月も相変わらず、イベントやセミナーが目白押しだ。


171026_1.jpg




スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter