2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ガロア座談会とブラッシュアップセミナー」

 『ウイスキーガロア』の原稿にこのところ連日追われている。巻頭のアイリッシュ以下、スコッチ最前線、コニャックのレミーマルタンなど、ほぼ70ページ近くを書くことになる。さらに『サライ』や『世界の名酒事典』の原稿も同時進行だ。

 土曜日は一日中、恵比寿の仕事場にこもってガロアの原稿書き。昨日の日曜日は午前中執筆し、昼からウイ文研で、そのガロアの特集に合わせた座談会。テーマはアイリッシュで、テイスターのSさん、同じく「オールドスコット」のSさん、そして「リベット」のSさん、代表世話人のSさんと、4人のSさんプラス私の5人で、アイリッシュウイスキー20本くらいを片っ端から飲みながら、2時間ほど座談会を行う。

 それにしても、よくぞSさんが4人も揃ったものだ・・・。改めてアイリッシュを飲み比べてみると思わぬ発見もあり、非常に面白かったが、さすがに連日の疲れも重なり、夜はテレビを観ながらソファで寝てしまった。

 今日も午前中は原稿を書き、昼に東京駅の八重洲ホールへ。1時から今年2回目となるコニサー対象のブラッシュアップセミナー。やはりテーマはアイリッシュで、画像を使いながら2時間半ほど、最新情報をお伝えし、その後アイリッシュのテイスティング。有料・無料試飲と合わせて、やはり20種類くらいを用意した。

 その中には7月のアイルランド取材で入手した蒸留所限定ボトルも含まれていて、貴重な機会になったと思う。毎回多くのコニサーに参加してもらっているが、今回も”マスター・オブ・ウイスキー”は5人全員が揃い踏み!その出席率はほぼ100%で、その意識の高さはスゴイと思う。

 ウイスキーの世界は今激動の時代を迎えていて、日々新しい蒸留所が誕生し、新しい製品が売り出されている。製造面でも新しい技術が導入され、日々の進化をとげているし、一方でクラフトならではのこだわりもある。古代大麦のベアやマリスオッターなどの古い品種もそうだが、日本でも日本産原料への強いこだわりがある。

 セミナーの最後に、5分だけジンのレギュレーションについて説明したのも、そのためで、これから日本で造られるジンについても、その定義をはっきりさせる必要があるかもしれない。もちろん、ジャパニーズウイスキーについてもそうなのだが・・・。


170918_1.jpg


170918_2.jpg


170918_3.jpg




スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter