7
9
11
13
14
15
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2018

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「『世界の名酒事典』の巻頭インタビュー」

 長和からもどって休む間もなく、昨日の月曜は午後からガロアのデザイン・レイアウトのことでデザイナーのKさんとミーティング。巻頭のアイリッシュ特集以下、スコッチ最前線、短期集中連載のコニャックの現場からの画像も渡してしまう。レイアウト案が上がってきたら、いよいよ原稿だ。

 今日はガロアの残りの画像を選び、さらにソサエティ(SMWS)の最終監修原稿の校正もやってしまう。これで先週から今週にかけて4本の原稿をチェックしたことになる。

 その後2時から『世界の名酒事典』の巻頭インタビュー。これは毎年恒例になっている巻頭特集で、今年はクラフトジン2ページ、さらにクラフトウイスキーについても4ページほどのインタビュー記事を予定している。ジンについては集めたジンの写真も撮ってしまう。

 インタビュアーは2年前はN君で、昨年はKさん、そして今年はOさんにお願いした。皆、かつてのワールドのライターや編集者ばかりだ。最初は1時間ほどジンについて、特にEU、GVA(ジン・ウオッカ協会)の定義について述べ、その後爆発的ブームとなっているクラフトジンについての背景について、今回は主にイングランド、スコットランド、そしてアイリッシュのジンについて述べることにした。

 一度休憩をはさんで3時すぎから、こんどは2時間ほどクラフトウイスキーについて、その背景や、世界5大ウイスキーの新しい蒸留所、さらに台湾やインドなどについても述べることに。

 結局5時にインタビュー収録は終了し、その後、再び『ウイスキーガロア』のミーティング。明日から2日間、鹿児島取材で留守にするため、いろいろなことを決めてしまわなければならず、そのための確認だ。長和が終わって、今週はじめてスタッフ全員が揃ったばかりだというのに、もう次の次の、さらにそのまた次のプロジェクト、案件まで動き出している。


170912_1.jpg





スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter