7
9
11
13
14
15
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2018

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「久しぶりにスコ文研テイスティング決定!!」
 水曜日にガロアの入稿を行い、木・金と検定の問題作りの最終校正。今回は3級・2級・1級・バーボンウイスキー級と合計350問作ったが、ガロアの入稿・校正作業と重なり、相当シンドイことになった。

 それでも全国7会場、1200名強の人たちが受験してくれるのだから、ありがたい。ウイスキーブームが続くためにも、このような地道な検定が、ぜったい必要だと思っているからだ。

 ガロアの入稿作業、検定と並行して長和フェス、琵琶湖クルーズ、東京フェスのミーティングにも追われている。さらに10月29日にはウイスキーコニサーのエキスパート試験もあり、そのミーティングにも時間が割かれる。

 集中対策講座は東京(1回目)、大阪と終わり、あとは9月3日(日)の東京2回目、飯田橋レインボーホールでのセミナーを残すのみだ。さらにコニサーの最高位であるマスター・オブ・ウイスキーの募集要項も発表したばかり。

 このところ、あまりのハードスケジュールで開催できなかった、私の「スコ文研テイスティング」も、ようやく9月に実現できることになり、そのテイスティングラインナップを決め、7種のボトルの撮影。

 今回は本当に久しぶりなのでスコッチ4本、ジャパニーズ1本、コニャック2本の計7種をテイスティング(?)することにした。どれもこれも超レアものばかりで、しかも美味しいときている。席は限られているので、早めにチェックしてほしいと思う。

 年当初から課題になっていたスクールも、秋に向けてようやく整いつつある。9月は私のスコ文研テイスティングも復活するし、テキーラのセミナーも行う。さらに早川さんの講座も好評だ。

 8月27日の第5回ウイスキー検定が終われば、次は来年の第6回検定である。もう日時も決まっているし、実施級も3・2・1級のレギュラー級に、6回目ではジャパニーズ級も行う予定だ。過去2回の実施では、まだ師範(95点以上)が出ていないので、ぜひ師範を目指して頑張ってもらいたいと思っている。そのためのテイスティングセミナーも行う予定だ。



170818_1.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter