1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ホテル取材にショコラセミナー」

 8月に入って7月以上にハードな日々が続いている。一昨日はガロアの原稿の他に、ウイスキー検定の問題作り、そして各種のミーティング。とにかく決めなければならないこと、やるべきことが山積みで、ニッチもサッチもいかないといった状態が1ヶ月以上、いや今年に入ってからずっと続いている。

 昨日は昨日で、2時から『サライ』のミーティングがあり、さらに6時から『ガロア』の最終取材で紀尾井町のプリンスガーデンへ。そこの35階にあるバーで、クルボアジェの取材。6ページのクルボアジェのページの後に、クルボアジェの飲み方提案のページを設けるためで、おすすめのカクテルを作ってもらい、それを含めて取材。

 夜は久しぶりに赤坂の繁華街に出て、美味しい中華料理をいただく。前歯の治療が1ヶ月近く続いていて、最近あまり美味しいものを食べていなかったので、久しぶりに堪能した。


 今日も午前中はガロアの原稿を書き、昼すぎにウイ文研。琵琶湖クルーズ、長和フェス、第5回検定も迫っているので、そのミーティングも連日続いている。特に全国7ヵ所で開かれる検定は、その運営、人員配置もパズルのように難解だ。少ない人員でやりくりしなくてはならず、スタッフにかかる負担も大きい・・・。

 夕方5時にはガイアフローのNさんが来社して、簡単な取材。先日の静岡フェアの際はゆっくり話を聞くことができなかったので、改めて現在の仕込み状況などを教えてもらう。6種類のサンプルも持ってきてもらったので、そのテイスティングも行う。

 やはり薪の直火焚き原酒と、杉製のウォッシュバックによるサンプルが面白い。どちらもニューポットだったが、それぞれの個性がよく出ていて、ガロアで急遽1ページ作ることにした。

 その後、7時からはショコラコンシェルジュ®で、ガロアのテイスターでもある平田さんのショコラとお酒のマリアージュセミナー。今回6種の酒を選んだのは私で、それらについては私の方から説明させてもらったが、それ以外のチョコの基礎知識、チョコとのマリアージュについては、すべて平田さんにお任せした。

 いずれにしろ、参加者は美味しいショコラを食べ、貴重なマリアージュの体験もできて大満足だったのではないかと思う。ウイスキースクールは、これから秋に向けて、いろいろなお酒や、それ以外の講座も開きたいと思っている。



170803_1.jpg


170803_2.jpg


170803_3.jpg


170803_4.jpg


170803_5.jpg


170803_6.jpg




スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter