1
2
5
8
9
11
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「アイルランド取材 その9」


いよいよダブリン取材の日。まずは10時にピアーズライオンの新しい蒸留所へ。ここは古いセントジェームス教会を改造した蒸留所で、スチルは祭壇だった場所に、まるで御神体のように安置されている。外は12世紀から続く由緒ある教会で中はクラフト蒸留所! おそらくこんな場所は世界中探してもどこにもないだろう。

テンプルバーのパブで食事し、午後はそこから歩いて20分くらいのところにあるティーリングの蒸留所へ。その途中でかつてのダブリンのビッグフォーのうちの2つ、トーマスストリート蒸留所と、ジョンズレーン、パワーズ蒸留所を偶然見つけて大興奮!

トーマスストリートはかつての風車、そして驚いたことにパワーズは三基のスチルが残っている。もちろん、どちらも野ざらしだ。

ティーリングではジョン・ティーリングさんの息子、スティーブンさんに案内してもらった。ここもじつに見事な蒸留所で面白い話も盛り沢山だ。

とにかくアイリシュは凄いとしか言いようがない。明日は最後の蒸留所、グレンダロッホに向かう。




スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter