FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「グレングラントのセミナーと検定1級対策・・・」

 第3号の『ウイスキーガロア』が終わったばかりだが、もうすでに第4号に向けて本格的に動き出している。バカルディのブランドアンバサダーへのインタビュー(編集長インタビュー)は6月アタマにやったが、今日はグレングラント18年の発売を記念したテイスティングセミナーを、マスターディスティラーのデニス・マルコムさんと銀座のイベントルームで行う。

 デニスさんとお会いするには3年ぶりで、もうすでに71歳になるというが、昔となんら変わりない姿と、その若さに驚いてしまう。私より8歳も年上だというのに、ブランドアンバサダーとして世界中を飛び回っているのだ。

 スペシャルセミナーではメジャーズリザーブ、10年、12年、18年の4種を私とデニスさんの2人でやったが、改めて4種を飲み比べてみると、それぞれの個性がハッキリと感じられて、非常に面白い。次号のガロアでは、その辺も触れたいと思っている。

 セミナー終了後は一度ウイ文研にもどって、山積みとなっている事務仕事。そして7月2日(日)に行われるブラッシュアップセミナーの資料準備、アイルランド手配等の確認を行う。

 ガロアは6月26日の月曜日には印刷所から刷り上がってくるので、それに同封するチラシ類も急ピッチで製作してきた。それらの確認もして、夜8時すぎに恵比寿の仕事場へ。時間を見つけてはコニサー教本の校正である。

 今日は土曜日だったが、やはり午前中、教本の校正をして、昼すぎにウイ文研。2時から「ウイスキー検定」の1級の対策セミナー。3時間という時間だったが、主にモルトウイスキーの製造、グレーンウイスキーの製造、そして世界の5大ウイスキーの定義や、その概要についてポイントとなる部分を講義してゆく。

 今回、私が担当するセミナーは残り1回で、7月29日(土)、同じく1級の対策セミナーである。実は同時期に、こんどはコニサーのエキスパート試験の集中対策セミナーもスタートする(7月30日、東京セミナー)。はたして今年は、何人の受験者がいるのやら・・・。


170624_1.jpg


170624_2.jpg


170624_3.jpg




スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter