FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「トリカブト取材とバーボンセミナー」

 ウイスキートーク福岡からもどって今週は『ウイスキーガロア』の最終入稿・下版を火曜日に行う。さらに「ウイスキープロフェッショナル試験」の合否判定も行い、合格通知もすでに発送済みだ。

 ということでガロア、WPもひと段落したところで各種のインタビューや取材が相次いでいる。火曜日は食品産業新聞社のインタビューがあり、水曜日はNHK・BSのドキュメント番組の事前インタビューを2時間ほど・・・。

 食品産業新聞社のインタビューは、ジャパニーズウイスキーのこの50年を振り返るというものだったが、NHK・BSのインタビューは“写真週刊誌の時代”(仮題)で、久しぶりに1986年の「トリカブト事件」について語る。1時間のスペシャル番組で、実際の収録は次週になる予定だ。

 考えてみれば30年前には週刊誌の記者をやっていて、トリカブト事件のスクープをした私が、今はウイスキー評論家として、ウイスキー文化研究所を主宰している。週刊誌は33歳でやめているが、あれから今年でちょうど30年である。

 水曜日は夜久しぶりに銀座で飲み、今日は午後、京都支部のKさんらと9月の”琵琶湖クルーズ”、そして来年京都支部が企画を進めている京都ウイスキーパーティーのミーティング。大阪フェスやウイスキートーク福岡が終わったばかりだが、9月に長和フェス、そして琵琶湖クルーズ、さらに11月に東京フェスが待っている。

 もちろん8月下旬には第5回ウイスキー検定があり、それに合わせて厚岸ツアー、10月の下旬には鹿児島の津貫、佐多商店のツアーも計画している。できれば国内蒸留所ツアーも2ヶ月に一度くらいのペースで実施したいと思っているのだが・・・。

 ということで、夜7時からは検定のバーボン級の対策も兼ねたバーボンセミナー。前回はバーボンの定義などについて述べたので、今回はバーボンの原料、製造法について話をした。テイスティングは①フォアローゼズ・プラチナ、②ウッドフォードリザーブ、③ワイルドターキー17年、④ワイルドターキー・フォーギヴン、⑤イーグルレア10年・シングルバレルの5種類。

 予定どおり9時すぎにセミナーは終わったが、連日の疲れもあって、そのまま恵比寿の仕事場に10時前にはもどる。検定とは別に、ウイスキーコニサーの教本上下2冊の改訂作業にも、今週から着手しているため、その校正作業も連日続いているのだ。

 今年のエキスパート(10月)までは現行の教本を使うが、来年早々には全面改訂版を出したいと思っている。はたして、間に合うかどうか・・・。いずれにしろ時間との闘いだ。


170622_1.jpg





スポンサーサイト





* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter