1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「マデイラセミナーでマデイラを知る・・・」

 このところ再び歯の治療で横浜の歯医者通いが続いている。行くとどうしても半日近くになってしまうので、午前中の診療前に原稿書き…。『ウイスキーガロア』の原稿も待ったなしだが、5月28日に行われたウイスキープロフェッショナルの採点作業もあり、歯以上に眼のほうが大変だ。

 ということで昨日は歯医者からもどってガロアの原稿をまた書き、その後オフィスでガロア、琵琶湖、長和などのミーティング。大阪フェスが終わったばかりだが、もう次に向かって進まなければならない。

 今日も午前中は恵比寿の仕事場でWPの採点。そしてガロアの原稿、さらに7月6日から行くアイルランド取材のスケジュール案について検討する。こちらも待ったなしだ。

 さらに7時からウイスキースクールで、シェリー研究家の明比さんを招いて「マデイラセミナー」を行う。これは今年3月に出たグレンモーレンジィのプライベートエディション第8弾、「バカルタ」のウッドフィニッシュ樽であるマデイラについて、知りたいと思ったのがきっかけだ。

 木下インターナショナルさんに協賛してもらい、マデイラの代表的な品種(スタイルの違いでもある)、セルシアル、ヴェルデーリョ、ブアル、マルヴァジア(マルムジー)の4種と、ティンタネグラ、計5種がすべて揃って、そういう意味でも大変貴重な機会となった。

 最後はもちろんモーレンジィの「バカルタ」で、これはマデイラのマルムジー樽で2年間のウッドフィニッシュを施したもの。なぜモーレンジィがというか、ビル・ラムズデンさんがこのマルムジー樽にこだわったのかを、私のほうから簡単に説明させてもらった。

 セミナーは予定通り9時すぎに終了し、その後は久しぶりに明比さんを交えてスタッフで恵比寿駅前の蕎麦屋に行き、軽く打上げ。スクールでも、もっともっといろんなことをやらなければダメだと、改めて痛感した次第だ。


170608_1.jpg


170608_2.jpg





スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter