1
3
5
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「大阪フェスとPR誌のインタビュー」

 『ウイスキーガロア』の原稿・校正が佳境に入っていて、まったく休む間もなく大阪フェスに突入。ウイ文研の本体はフェス当日に大阪入りだが、私はスタッフ2名とともに前日の土曜日(6月3日)に大阪入り。

 4日の日曜日は恒例となった大阪フェス本番。昨年は眼の手術(そういえば、あれからもう一年が経つ・・・。)で来ることができなかったが(等身大パネルで参加)、今年は私にとっては2年ぶりの大阪フェスだ。

 しかも今回からウイ文研が単独でフェスを主催することになり、そういう意味でも新鮮な気持ちになる。私も久しぶりにセミナーを担当。このところSNSでも話題になっているシェリー樽について、サントリーさんレミージャパンさんに協賛していただきながら、マッカラン(エドリントン)がこだわるシェリー樽について1時間ほど話をする。

 シェリーの定義についてはヘレスのシェリー統制委員会のほうで明確になっているが、「シェリー樽」について、どこまで定義されているか、イマイチ分からないからだ。ウイスキーメーカーが使う「シェリー樽」には、ヘレス以外で造られているシェリータイプの酒精強化ワインも少なからず含まれている。それをはたして”シェリー樽”と呼べるのか、シェリー委員会のほうが規制・定義付けできるかどうかが、これからの課題だろう。

 ということもあったが、スペシャルとして私の秘蔵のマッカランの古酒も特別に飲んでもらった。1980年代前半にイタリアに輸出されたマッカランの10年物の「フルストレングス」で、当時はカスクストレングスのことをそうも言っていたのだ。

 このボトルは逆算すると蒸留年は1960年代後半から70年代前半ということになり、ちょうどゴールデンプロミスが出回り始めたころかもしれない。

 酵母も今とちがって2種類のディスティラーズイーストと2種類のエール酵母、計4種類をミックスして使っていた時代だ。もちろんプレスイーストで、冷蔵庫でいつも使う分が保管されていた。それを仕込みのたびにステンレスの容器で混ぜていたのを思い出す。

 とりあえず4日の大阪フェスも無事終了し、そのまま撤収後は新幹線で東京にもどり、昨日月曜日はウイ文研は休業としたが、再び朝からガロアの原稿・編集作業。編集スタッフには昼にオフィスに出てもらうことにした。

 今日もガロアで、2時すぎからPR誌の『ふぉれすと』のインタビュー取材。「人生で思い出に残る贈り物」というのがインタビューのテーマで、「何か人生を変えるようなプレゼントがあれば」ということだったので、今の仕事をやることになったシングルモルト、それもボウモア12年との出会いについて語ることにした。

 1989年1月、エジンバラに初めて行った時に、スコットランド政府観光局からプレゼントされた1本のボトル、それが80年代に出回っていたダンピーのボウモア12年だった。もし、あの時の出会いがなかったら、今頃こんなことをしていなかったかもしれない・・・。

 そういう意味では、私にとってその後の人生を決めた”贈り物”だったと言えるかもしれないのだ。


170606_1.jpg


170606_4.jpg


170606_5.jpg


170606_2.jpg


170606_3.jpg




スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter