1
3
4
6
10
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「カミュナイトと大阪フェスのミニボトル」

 スコットランドから帰国して一週間ほどだが、この間ハードスケジュールで時差ボケを感じるヒマもないほど。

 東京バーショーが終わったばかりだったが、月曜日は夜7時半から六本木の「パブリック6」で、カミュの特別テイスティングイベント。グローバルブランドアンバサダーのフレデリックさんを迎えて、2人でカミュについて話をする。いわば、私はそのMC役。

 用意したアイテムはボルドリーのVSOP、XO、そしてイル・ド・レのファインアイランド、ダブルマチュアード、クリフサイドセラーの5種類。昨年10月の取材で私とSさんが撮った写真をモニタースクリーンに映しながらのトークショー、テイスティングイベントとなった。

 火曜日は、その疲れも取れぬまま、『ウイスキーガロア』の原稿書き。第3号の巻頭特集はバーボンを中心としたアメリカンウイスキーなので、その原稿を30ページ分くらい書かなければならない。

 昼すぎにウイ文研に行って来客2組とミーティング。さらに大阪フェス等のミーティングも行う。そんな中、『ウイスキー完全バイブル』がさらに増刷になり、7刷りになるという連絡が、発行元のナツメ社からあった。

 発売2年で7刷り・・・。これだけ本が売れない時代にあって、非常にレアなケースといえるかもしれない。それだけウイスキーのことについて知りたいと思っている人がいるということだ。単行本ではないが、『ウイスキーガロア』も、相変わらず好調を維持している。

 大阪フェスについては、恒例のおみやげボトル(100ml)の4種の瓶詰めも終わり、あとはラベルを貼るだけだ。今回は大阪ということで、ハモとタイとスズキとタコをラベルにあしらった。有料試飲リストも近日中につくりたいと思っている。その前にウイスキープロフェッショナル試験だが・・・。

 今日も午前中はガロアの原稿書き。そして昼すぎからウイ文研で来客ミーティング2件をこなし、夕方ガロアのミーティング。さらに夜は恵比寿のガーデンプレイスで、やはり会食ミーティング。夏以降のスクールやツアーについて意見交換を行う。

 帰国後一週間で、もうすでに何十件というミーティングと取材、セミナー、会食をこなしている・・・。セミナーも急遽、7月2日(日)に東京八重洲ホールで、コニサーのブラッシュアップセミナーも行うことにした。

 昨年夏以来となる、久しぶりのブラッシュアップセミナーで、今回はスコッチのクラフト蒸留所と、コニャックについて語ろうと思っている。

 クラフトはインチデアニー、リンドーズ、アービッキー、ローンウルフ、ドーノッホなどで、実際行ってみて、驚きの連続だった。コニャックは、スコッチのモルトウイスキーと比較しながら、その製造について述べようと思っている。はたして、スコッチのモルトウイスキーと、どう違うのか。原料の違いは当然として、発酵、蒸留、熟成においてモルトとは180度異なるベクトルを示している。そもそも5000あるという栽培農家とコニャックメゾンの関係とは・・・。乞うご期待である。


170517_1.jpg


170517_2.jpg


170517_3.jpg


170517_4.jpg





スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter