1
2
3
5
11
13
15
16
18
19
20
22
23
24
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「グレンリベットのテイスティングディナー」

 時差ボケで、相変わらず朝4時前に眼がさめてしまう。こればかりは、しようがない。1週間行ったら1週間、2週間行ったら、きっちり2週間は時差ボケが続くことになる。そういう意味では、体のメカニズムは正直(?)だ。

 もろもろのことがたまっているので、午前中は荷物整理をして、午後ウイ文研。さすがに2週間も留守にしていると、机の上は書類の山だ。それらに1つ1つ眼を通しながら、4時すぎからはミーティング。

 まずは今週末にせまった東京バーショーについて。今年はいったいどれくらいの人が集まるのやら・・・。両日とも、私は昼すぎにブースに行ってようと思っている。

 その後、バーショーの翌日に開かれるカミュのイベントについて。こちらの参加者は定員に達していないが、ぜひコニャックの美味しさ、面白さをウイスキーファンにも知ってもらいたいと思っている。さらにウイスキープロフェッショナル試験、大阪フェス、検定対策講座、そして『ウイスキーガロア』と続く。2週間以上、それらのことから離れていたので、記憶を取りもどすのが大変だ。

 ミーティングを途中で切り上げ、6時45分に外苑前のレストラン「アクアヴィット」へ。7時から開かれたグレンリベットのガーディアンズナイトに出席。これは日本限定のシングルカスク、「ザ・グレンリベット・チャペラ―」の新発売に合わせたイベントだ。

 リベットのシングルカスクシリーズは2005年に始まったもので、それぞれのマーケットに合わせ、その市場限定で異なるものを、今までに100種類以上出してきたと、ブランドアンバサダーのダレン・ホージー氏。日本市場限定のシングルカスクは昨年の「アルダンフ」に次ぐ、第2弾だ。

 このシリーズはすべてリベット谷から南部のダンディーまで続く。かつてのスマグラーロード(密造者の道)にちなんだネーミングで、アルダルフもチャペラーも、その道の途中にある実際の地名だという。

 チャペラーもアルダンフも聞きなれない語感だと思っていたが、チャペラーのことをホージー氏は「チャペルホー」と言っていた。チャペルはもちろんチャペルのことで、ホー(haugh)は、おそらくゲール語で「河岸段丘」を意味する言葉だろう。

 バルミニック蒸留所のあるところを「ホー・オブ・クロムデイル」と呼ぶ、あのホーである。アルダンフも綴りどおりに読めば、アルダン(オルダン)・ヒル(hill)である。

 ブランド名をなじみやすい発音に変えることは悪いことではないが、できればウイスキーファンには、地名は地名と分かる表記にしてもらいたいと思うのだが。ましてリベット谷からダンディーに通ずるスマグラーロードは、歴史的な道でもあるからだ。

 それはそれとして、用意されたチャペラーもアルダンフも素晴らしいものだった。さらにこの日はナデューラの3種もだされ、それに合わせた「アクアヴィット」特製の美味しいコース料理も楽しめ、時差ボケの睡魔も吹っ飛ぶほどに豪華なイベントとなった。


170510_1.jpg


170510_2.jpg


170510_3.jpg


170510_4.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter