2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「トマーティンの新商品発表とインタビュー」
 『ウイスキーガロア』第2号の校了が昨日無事終わったところで、今日は朝イチから次号の編集長インタビュー。8時ちょいの地下鉄で日比谷に出て、8時40分に帝国ホテルへ。6階のサロン室で、新商品発表のために来日したトマーティンのグレアム・ユウンソン所長と、マーケティングディレクターのグレアム・ニコルソン氏に1時間半にわたってインタビューを行う。

 今年から来年にかけてウッド、ファイア、アース、メタル、ウォーターという東洋の五行説にも通じる木・火・土・金・水の5種類のトマーティンが発売されるが、それらのコンセプトや、どんな原酒、どんな樽をそれぞれ選んでいるのかを伺った。どれも全世界6000本の限定で、日本にはそのうち480本ほどが輸入されるという。第1弾のウッドとファイアが今年9月、アースが今年暮れ、そしてメタルとウォーターが来年早々になるという。どれもノンチルの46%でのボトリングだ。

 大変興味深い話だったが、それはガロア第3号を見てのお楽しみということで、そのまま帝国ホテルから恵比寿に移動し、こんどは11時半からガーデンプレイスのフレンチレストラン、ジョエル・ロブションで開かれた発表会兼昼食会に出席。

 ロブションは初めてだったが、昼からランチの豪華コース料理をいただき、貴重な経験ができた。もちろんロブション自慢のブルゴーニュの白ワインや赤ワインが供されたが、同時にトマーティン12年、そして新商品のウッド、ファイア、そしてこれも7月に販売開始となる新商品のペドロヒメネスフィニッシュの4種も同時にいただく。このPXのボトルは日本限定だそうだ。

 この日の昼食会はプレスなど総勢50名近いイベントだったが、たっぷり3時間ほどロブションの料理を味わい、そしてワイン、トマーティンを堪能することができた。それにしてもトマーティンの昨年からのリニューアル、そしてシングルモルトにかける情熱はすごい。今までトマーティンというと、どちらかというとハイランドの野武士的な、無骨なイメージがあったが、見事にそれをスタイリッシュに変貌させている。売上げもこの10年で3倍近くまで上昇しているのだ。

 初めてトマーティンを訪れてから、もう20年近くが経つが、やはり新所長にグレアム・ユウンソンさんが就いて以来、ドラマティックにいろんなことが変化している。グレアムさんと最初に会ったのはもちろんトマーティンではなく、グレンモーレンジィで、その後グレングラッサでも会っている・・・。もう22年近くも前の話だ。


170419_1.jpg


170419_2.jpg


170419_3.jpg


170419_4.jpg


170419_5.jpg




スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter