1
3
5
15
16
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「検定のポップと小冊子・・・」

 今週はとにかく『ウイスキーガロア』と清里フェス、東京バーショー、大阪フェスで明け暮れた。その間に蒸留所立ち上げのコンサルで、関連会社とのミーティングも続く。

 とにかく原料の麦芽や酵母、そしてプラントの設計に至るまで、数社の会社に連絡を取り、その見積もりなどを出してもらう。

 ガロアは来週火曜日の入稿を目指して急ピッチで執筆・校正・編集作業を続けていて、時間との闘いとなっている。清里フェスはセミナーの段取りや、会場で配るタブロイド紙の編集作業が大詰めだ。

 さらに今日は4月24日の月曜日にスタートするスコットランドツアーの打ち合わせ。特にツアー後の恒例の取材についてライターのOさん、代表世話人のSさんを交えて日程確認。

 ツアーではタリスカー、バルブレア、グレンモーレンジィ、ダルモア、グレンオード、プルトニー、ウルフバーン、ハイランドパーク、スキャパなどを回る予定だが、エジンバラでツアー一行と別れたのちは、タリバーディン、ロッホローモンド、インチデアニー、リンドーズアビー、アービッキー、ローンウルフ、グレンマレイ、スペイバーンなどを1週間かけて回る予定でいる。

 そのスケジュール確認と、現地での動きについてミーティングを行う。その後、4時半からこんどは清里フェス、東京バーショー、検定などのミーティング。検定は第5回目を8月27日に行うことを決めているが、そのパンフレットやポップ、そして今回新たに作った小冊子などが、続々と届いている。

 どれもなかなかの出来だが、文庫本サイズのオリジナルの小冊子がよくできている。3・2級の簡単な問題と、それを解説したもので、特に解説ページが充実している。スタッフのスキルも上がっているなと、改めて実感した。

 これなら私がいなくても作れる…、というか、こんなのがすぐに作れてしまうということは、いくらでもウイ文研は本やテキストが作れてしまうということになるのだが。

 スコ文研を創ったときからの目標の1つが、私たちが出版社となり、ウイスキー関連の本や雑誌などをどんどん作っていきたいというのがあったが、いよいよ、その時がきているのかもしれない。すでに『ウイスキーガロア』という雑誌は作っているのだから。



170407_1.jpg


170407_2.jpg




スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter