2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
23
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「新しくなったニッカ宮城峡のビジターセンター」

 ウイ文研で『ウイスキーガロア』や清里フェス、東京バーショー、大阪フェスの仕事を片付け、昨日夜8時に仙台入り。歩いて5分のホテルにチェックイン後、アサヒのYさん、代表世話人のSさんと待ち合わせて、夜の国分町へ。

 まずは牛タン居酒屋でスーパードライの生ビール、ブラックニッカのハイボールを飲みながら牛タンなど仙台名物をつまみ、その後バー「アンディ」へ。なかなかの品揃えで、驚いたことに先月秩父祭りでウイ文研が売った、お土産ボトル3種もメニューに並んでいる。結局3~4種類のモルトを飲み、夜11時すぎにホテルへ。

 今朝は朝食後、9時すぎに仙台駅でニッカの人達やプレスの取材チームと待ち合わせ。ニッカが用意したバスで宮城峡蒸溜所へ。リニューアルオープンとなったビジターセンターのオープニングセレモニーで、この日はプレスなどが招待されていた。私たちも、当然『ウイスキーガロア』の取材である。

 ビジターセンターは従来あったレストランを改造したもので、エントランスホール、メインホール、そしてテイスティングルームなどに分かれている。メインホールは、ちょっとしたウイスキーのミニ博物館で、よりウイスキーの製造や、実際の香りの体験などができるようになっている。

 一般的なカフェスチルの見学はできないが、今回その10分の1の模型が展示されていて、カフェスチルの仕組みがよく分かる。実物は大きすぎてよく分からないが、こうして精巧な模型になると、一般の人にもよく分かるだろう。

 他にも歴代の代表的なボトルの展示や、特別展のスペースなどもあり、コンパクトだがよく出来ている。ホールは1階で、全面ガラス張りというのもスゴイ。目の前の池ごしに緑豊かな宮城峡蒸溜所の赤い建物がパノラマのように広がり、思わず深呼吸したくなるような風景だ。

 オープニングのテープカットから、立食形式の懇親会。実際の蒸溜所見学、そしてスペシャルテイスティングまで、ひとおり見学のプロセスを見せてもらい、再びバスで3時半に蒸溜所を出発。5時前の仙台発の新幹線で恵比寿の仕事場にもどる。

 ウイスキープロフェッショナルの集中対策講座と清里フェスが、これから3週連続して週末に続くので、明日の日曜日は最後の原稿書きのチャンスだ。『ウイスキーガロア』のアイラ特集の8蒸留所については書いたが(ポートエレンを含めれば9つ)、それ以外に特集のコラムの原稿3本(ロード・オブ・ジ・アイルズ、リリー・ザ・フィッシュ、ジム・マッキューワン)も書かなければならない。

 それが終わればテイスティングボトルの解説と、そしてコニャックのヘネシー、さらにハイランドパークなどだ。

 とにかく4月下旬の蒸留所ツアーまで、ひたすら書くしかないという状況だ。

170325_1.jpg


170325_2.jpg


170325_3.jpg


170325_4.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter