2
3
4
5
6
7
8
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「酒蔵レストランとセント・パトリックスデー」

 『ウイスキーガロア』第2号の原稿執筆が続いているが、まだ『ウイスキーライフ』のほうも終わったわけではないので、昨日は原稿を書いたあとに4時にウイ文研。一件、面接をしたあと、ライフの校正をして、6時半に有楽町の東京フォーラム内にある「酒蔵レストラン宝」へ。

 ガロアのコラムの取材、撮影のためで、カメラマンのF君、コラムニストの友田さんと落ち合い、さっそく土佐のカツオのたたきと、司牡丹の「船中八策」を合わせる。船中八策はもちろん坂本龍馬が1867年に書いた新政府の政策のことで、のちにこれが明治新政府の施策の中にも採り入れられている。

 そういえば、今年は龍馬が京都で暗殺されて150年という節目の年。江戸幕府が幕をおろした大政奉還からも150年だ。それにしても司牡丹の船中八策のラベルが実にカッコイイ。味も、いかにも龍馬好み(?)の辛口だ。

 この「酒蔵レストラン宝」は全国の9つの酒蔵が共同で出している日本酒レストランで、その9種セットというのも目玉のひとつ。このところ日本酒を呑む機会も増えているが、ここのレストランの料理も実にうまい!

 日本酒だけでなく、ガロアを始めてから、他の酒もいろいろ飲んでいる。17日の金曜日は、セント・パトリックデーということで、表参道に土日の2日間限定でオープンしたジェムソンのパブに行く。ジェムソンと、そのジェムソンの空き樽で熟成させたデビルクラフトのエールビールのコラボで、このビールも実にうまかった。

 ウイスキーの空き樽でビールを熟成させるというのは、アメリカ・ケンタッキーのタウンブランチ蒸留所が始めたものだと思うが(ケンタッキー・バーボンバレル・エール)、いわばそれのジェムソン版か。タウンブランチの場合は、その間にエールのアルコール度数が上がったが、デビルクラフトのビールはどうだったのだろうか。

 それにしてもジェムソンの空き樽をわざわざ日本まで運び、そこにビールを詰めるというのは、なかなか手がかかっている。こんなことはジェムソン、いやペルノリカール社にしかできないだろう。金曜の夜はプレス向けのオープンだったが、興味深いテイスティングになった。

 そんなことを思いながらも、今日は恵比寿の仕事場でガロアの原稿。一段落したところで夕方ウイ文研に行き、ガロアのテイスティング。今回、私の受け持ちは7種だが、そのうちの4種のウイスキー(ジャパニーズ)をやってしまう。

 テイスティングもまた一人で集中してやらないといけないので、どうしても休日の、誰もいないオフィスに行ってやることになる。3連休だというのに、何とも致し方ない…。

 それでもマルスの2種については、なかなかの美味と感じた。1つは本坊社長がこだわった蝶のラベルで、もう1つは信州駒ケ岳の30年物(!)。こちらのラベルも良いが、それ以上に中身が秀逸。思わず唸ってしまった。ということで、明日は久しぶりの釣りである・・・。


170319_1.jpg


170319_2.jpg


170319_3.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter