1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「秩父のウイスキー祭に出展、トークショー」
 昨日は10時台の飛行機で鹿児島を発ち、昼すぎに羽田に到着。一度、恵比寿の仕事場に寄り、2時前にウイ文研。『ウイスキーガロア』の入稿前最終校正で、夕方にはデザイナーのKさんにも来てもらい、すべてのページをチェックする。

 まだ仕上がっていないページもあるが、それは月曜日の作業ということにして、7時すぎに一旦恵比寿の仕事場に引き上げる。早めに就寝して、今日は再び5時前に起床。このところ校正続きなのと、いろいろ考えることが多く、不眠状態が何日も続いている…。

 このままだと体が持つかどうか心配だったが、そうも言ってられないのでシャワーを浴び、8時前に池袋駅へ。8時半発のレッドアロー号で秩父へ向かう。列車内で世話人のSさんと一緒になり、10時すぎに「秩父ウイスキー祭」の会場に到着。とりあえずスタッフと合流し、ブースの準備。

 ウイスキー祭は予定を繰り上げ、10時45分に開場となったが、それから終日超満員という盛況ぶり。3200名が訪れたと、主催者側から後で発表があったが、本当に人の波が途切れることがなかった。午後2時45分からは、ブースを出しているのとは別会場で、これも毎年恒例のトークショー。

 今年は“世界のバー事情”ということで、目黒マッシュタンのSさん、そのSさんの友達だという香港のバーオーナー、アロン・チャンさん、そしてハイランダーイン東京のSさん、バーキッチンのOさんの4人とトークショー。

 香港のバー事情、ウイスキー事情については初めて聞く話も多かったが、はたして短い時間で伝えきれたかどうか。通訳が必要なこの手のトークショーではいつも思うことだが、やや消化不良に陥ってしまう。次回はもう少しテーマを絞りたいと、主催者側のYさんとも話し合う。

 再びブースにもどり、結局フェスが終了したのが5時すぎ。それから懇親パーティーにスタッフ4名と一緒に参加し、夜8時25分発のレッドアロー号で再び池袋。恵比寿にもどったのは11時すぎという超ハードな一日となった。

20170219_1.jpg 20170219_2.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter