1
2
3
5
11
13
15
16
18
19
20
22
23
24
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ガロアの編集作業とオキ・バンドのライブ演奏」

 岡山、富山からもどって、いよいよ昨日から『ウイスキーガロア』の編集・入稿作業を本格化させる。まだまだ書かなければならない原稿も多いし、デザイナーとのミーティングも続いている。

 と同時にガロアの定期購読者用のクリアファイル3点とガロアのオリジナルグッズである手ぬぐいの入稿もやってしまう。クリアファイルはストラスアイラ、グレンモーレンジィ、ラガヴーリンの3種で、手ぬぐいはエリスケイ島のウイスキーガロアにまつわるアイテム4点を版画家の渡辺さんに彫ってもらった。

 特にエリスケイポニーがスタッフのお気に入りで、それをあしらった抹茶色と山吹色の2色の手ぬぐいを作ることにした。でき上がりが楽しみである。

 今日も午前中はガロアの原稿を書き、昼前にウイ文研。秩父のウイスキー祭り、26日のマスター・オブ・ウイスキー、そして3月5日のウイスキーセミナー講師養成講座も気になるが、その翌週のガロアの創刊記念パーティー、藤原さんのトークショーのことも気になり、そのミーティングも続いている。とにかく告知もし、案内状も発送してしまったので、あとは参加者が集まってくれることを祈るばかり・・・。

 トークショーでは私と藤原さんのインドでの出会い、新潮社『フォーカス』の東京漂流の時代、2人でよく一緒に行った釣りや、そしてオークニーのことについて語りたいと思っている。もちろん藤原さんの最新作である『大鮃』のことなどもだ。

 とっておきの話に加えて、ハイランドパークより25年と、オーカディアンヴィンテージの1976が特別に提供される。両方合わせたら40万近くもするボトルである。これで参加費3000円は安いというしかないのだが・・・。

 2部の創刊記念パーティーも、スペシャル料理がビュッフェでいただけるのと、各社に協力をお願いしているボトルが50~60種並ぶ。さらに、これはサプライズだが、清里フェスをやる萌木の村からも、フィールドバレエの3種のボトルが出る予定だ。

 ということで、そんなミーティングをしながら、6時すぎに雪の中、錦糸町の「オールドスコット」へ。そこで開かれた”オキ・ダブ・アイヌ・バンド”のライブ演奏を楽しむ。これは『ウイスキーガロア』のコラムの取材も兼ねていて、もちろん、そのコラムを担当するIさんの紹介でもあった。

 カラフト・アイヌの血を引く沖さんのトンコリというアイヌ独特の弦楽器を使ったライブで、40数名の観衆もノリノリというライブ演奏だった。学生の頃、よく北海道を旅していて、アイヌについても勉強していたことを思い出した。

 トンコリという楽器は知らなかったが、途中披露されたムックリという口琴は、その頃を思い出して懐かしかった。実際、自分でもよく鳴らしていたし、土産としても売られていたからだ。もちろん沖さんの演奏は純粋なアイヌの民謡とも違う。どちらかというとフュージョン、ジャズなのだが・・・。


170209_1.jpg


170209_2.jpg


170209_3.jpg


170209_4.jpg




スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter