1
3
4
6
10
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「検定に宮下、そして富山の若鶴・・・」

 先週土曜日に大阪に移動し、東大阪のホテルで1泊。翌5日は雨の中ホテルからウイスキー検定の会場となる近畿大学に行き、10時すぎから試験の準備。東京からは私とスタッフのIさんだけで、あとは今回も京都支部の有志に手伝いをお願いした。

 私も試験の監督官をやるのは久しぶり。というかエキスパート、プロフェッショナルではやっていたが、検定は今回からウイ文研がやることになり、そういう意味では私だけでなく、うちのスタッフもすべて初めての体験ということになる。

 1時から始まった検定試験も、4時には無事終了し、4時半には撤収作業も完了。駅前のコンビニで東京に荷物を発送し、私とIさんはそのまま近鉄、JRと乗り換え新大阪から新幹線で岡山へ。その日はホテルにチェックインしただけで、翌6日の午前中に再びJRに乗り、西川原駅へ。そこから歩いて3分の所にある宮下酒造を訪れる。

 もちろん『ウイスキーガロア』の創刊号のためで、2時間近く取材をさせてもらい、再び西川原から岡山にもどり、今度は新幹線と在来線のサンダーバードを乗り継ぎ金沢へ。さらに北陸新幹線で富山に移動。

 ホテルにチェックイン後、ウイ文研のメンバーで、富山支部の会員でもある医師のIをさんと合流し、地元の和食処、そして支部長のUさんが経営する駅前の「白馬館」へ。ガロアのカーチェス用の写真を撮ることも目的だったが、Iさんがスコ文研の蒸留所ツアーの際などに買っていた、グレンマレイ1960や、シグナトリーのザ・グレンリベット1973などを惜しげもなく開けてくれる。

 人との出会い、酒との思わぬ出会いがあるのも、こうした地方取材などの楽しみであり、醍醐味かもしれない。久しぶりの心温まる富山の夜となった。

 今日は降りしきる雪の中、再び在来線に乗って(あいの風とやま鉄道という)、高岡へ。そこからさらにJR城端線に乗って油田(あぶらでんと読む…)駅へ。目の前に、今回最後の取材となる若鶴酒造が見えていたが、同社の稲垣さんが、わざわざ傘を持って駅まで出迎えに来てくれている。

 その稲垣さんの案内で、現在改修工事が急ピッチで進められている三郎丸蒸留所を見て回り(ほかにも大正蔵など)、1時間半ほどで取材は無事終了。再び城端線で高岡にもどり、昼は駅前の寿司屋へ。昨夜の富山の和食処もおいしかったが、高岡の寿司屋も絶品!久しぶりに冬の日本海の幸を満喫した。
 
 結局、JRで富山駅までもどり、最後は北陸新幹線で東京へ。6時ちょいに東京駅に着き、恵比寿には6時半すぎにもどる。3泊4日の西日本、北陸を巡る旅だったが、それも無事終了した。これで後は原稿を書いて、いよいよ『ウイスキーガロア』の入稿作業に取りかかることになる。

170207_1.jpg


170207_2.jpg


170207_3.jpg


170207_4.jpg


170207_5.jpg


170207_6.jpg


スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter