1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「久しぶりにスコ文研テイスティングを…」
 ウイスキー検定の問題を刷って、それを東京・大阪・福岡に発送する作業を行っていたが、それもほぼ昨日までで終了。

 昨日はその発送作業の合間をぬって『ウイスキーガロア』のデザイン・ミーティング。そしてカバランについての電話取材、検定の最後のミーティング、ガロアの創刊記念パーティーのミーティングと続いた。

 創刊記念パーティーは、チラシの新たな入稿、送付リストの作成など慌ただしい。それでもどうにか週明けの月曜、火曜には発送できそうだ。

 今日はやはり昼過ぎにウイ文研に行き、ガロアの入稿作業と、最後の取材となる岡山・宮下酒造、富山・若鶴酒造のスケジュール確認。ここへきて、いろいろ入稿作業に変更が出ているので、その調整が大変だ。

 並行して、このところ手つかずになっていたウイスキースクールのミーティングも行う。まず1、2月と休んでいたスコ文研テイスティングを3月3日の金曜に行うことに。そのボトルを選んで、ホームページにアップする。今回はガロアの創刊号で取り上げているアイテムが中心だ。

 イチローズモルトが2種、それに津貫、笹の川とジャパニーズが4本、そしてカバランのソリストの新商品、ポートカスクも入れている。久しぶりのスコ文研テイスティング、しかもガロアのアイテムということで楽しみだ。

 もう1つが、前々からやりたいと思っていた「ゲール語講座」。これも3月22日についに開講する。私自身が一番学んでみたい講座で、ワクワクしている。ガロアがひと段落したら、スクールのことも本格的に始動させなければならないと思っている。

170203.jpg
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter