1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「蒸留所ツアーのミーティング」
 午前中、『ウイスキーワールド』の原稿。ベンリアック6枚。さらに画像選び。午後スコ文研。

 2時から来年5月のツアーの件でJTBのSさんとミーティング。今回はグラスゴーに入って、まずはローランドのガーヴァン蒸留所。ここでアイルサベイとヘンドリックスを見て、その後アロウェイのロバート・バーンズの生家。さらにバーンズの父の墓と有名なドゥーン川に架かる橋を見学、その日はフェリーでアラン島へ。アラン島は第1回ツアー(2001年9月)以来、実に11年ぶりである。

 島で1泊し、翌午前中アラン蒸留所。そのままフェリーでファイン湾を渡りキンタイア半島へ。そこから半島沿いに南下してキャンベルタウンのスプリングバンク蒸留所。再びケンナクレイグまで戻って最終フェリーでアイラ島へ。アイラで4泊し、7つの蒸留所を見学。その後フェリーで本土に戻り、最後はエジンバラで1泊するという、7泊9日のプランである。出発は連休中の飛行機運賃にもよりけりだが、連休後半くらいになるだろう。

 ツアーのミーティング後、ワールドの原稿と画像を大阪に送付。11月20日のフェスの出展者向け、「出展の手引き」を手直しして発送。名酒事典の巻頭特集のレイアウトを待って、6時すぎに帰宅…。
スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter