2
3
4
5
7
10
11
12
13
14
15
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「マルス信州、秩父、そしてガイア静岡・・・」

 先週月曜日に藤原新也さんのインタビューをやってから、疾風怒濤の日々を送ってきた。翌17日の火曜日には高速バスを利用して日帰りでマルス信州蒸溜所に行き、伊那発の最終バスまでの間、伊那のバー「イチナナ」を取材。これもガロアの”ウイスキーコニサーのいるバー”のためで、それが終わって恵比寿に帰り着いたのが夜の11時すぎ。

 水・木と検定やガロアのミーティングをして、金曜日にはベンチャーウイスキーの秩父蒸溜所。土曜日はウイスキー検定の問題の最終校正。日曜日は午前中3時間、午後3時間、計6時間のマラソンセミナー。検定1級とSM級の、これが最後の対策講座となった。その合間に『ウイスキーガロア』のテイスティング・・・。

 そして今日は再びガイアフローの静岡蒸溜所に取材に行く。昨年11月にも訪れていたが、その時にはまだフォーサイスの2基のスチルが入っていなかったので、今回はそれを見て、撮影するのは目的だった。とにかく、全国あちこちを飛び回る日々が続いている。

 昨年『ウイスキーワールド』の取材で訪れているから、今回は行かなくても良いかとちょっと思っていたが、やはり”現場主義”と貫く以上、すべて回るのが本スジというものだろう。そう思いなおして、再度取材に回っているのだ。

 しかし、そのことで思わぬ新事実も次から次へと知ることになる。たとえば秩父ではフロアモルティングを始めていて、その様子を見ることができたし、自前のクーパレッジでつくったミズナラのホグスヘッド樽も見ることができた。

 ガイアの静岡蒸溜所では、フォーサイスのスチル2基と、そのユニークなシステムも詳細に知ることができた。昨年11月のインタビューで、初留釜は直火とスチームのハイブリッドだと聞いていたが、その意味が今回ようやくわかった。ヒントは中村大航さんが修業したスプリングバンクにありそうだが、ガイアの物は、おそらく世界で唯一、ここだけのシステムだろう。

 内部の構造や仕組みについても詳しく聞くことができたが、今はまだ公開できない。写真も『ウイスキーガロア』の2月27日発売号が本邦初公開となる。本当はお伝えしたいが、中村さんの意向でもあり、今は語れないのだ。とにかくガロアの創刊号を楽しみに待っていてもらいたい。

 ということで、このブログも更新できないままに、一週間が経過してしまった。明日は新宿「ゾートロープ」で肥土さんと対談。そして25日の水曜日には再び福島郡山の笹の川酒造におじゃまする・・・。


170123_1.jpg


170123_2.jpg


170123_3.jpg


170123_4.jpg


170123_5.jpg





スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter