1
2
5
8
9
11
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「サントリーのプレス発表に出席」

 連休明けの火曜日。ある意味、世間的には今年初の本格的始動日かもしれない。ウイ文研的には、もうすでに『ウイスキーガロア』の編集作業などで、1月3日から動いているが・・・。

 今日は昼前にウイ文研に行き、1時すぎにサントリーホールへ。1時半から開かれたサントリービール、サントリースピリッツのプレス発表に出席する。それぞれの事業の今年1年の目標数値などが発表されたが、ガロア的にはウイスキーだけでなく、今後はスピリッツ(ジンなど)やビールなども特集していこうと考えているので、実に興味深かった。

 ビールの酒税は2020年から大幅に改正されるが、それに向けてサントリーがどう取り組んでいくのか明確に打ち出されていて、興味深い。ウイスキーについては、あまり新しいことはなかったが、スピリッツのRTD缶については、-196℃ストロングゼロが、あんなに強い(売れている)とは知らなかった。

 食中酒としての訴求が功を奏しているようで、これはモロにビールとの競合ということになる。その2社が同じテーブルについて戦略の説明を行っているのも面白い。

 世の中がRTD缶ばかりになってしまうのはどうかと思うが、食中酒としての簡便さが、特に若者を中心に受けているのかもしれない。いつか、これもガロアなどで特集してみたいと思っている。

 それはともかく、発表を聞いていて、ビール工場の見学はぜひガロアでもやってみたいと思った。もちろん日本のビールメーカーの工場は何度も訪れているし、海外のビール工場も、地ビールが中心だが50近くは訪れているだろう。スコ文研のツアーとして行ったこともある。

 ウイスキーの蒸留所と比べてどうなのだろうという、新たな興味も湧いてきた。今まで以上に工場見学に力を入れていくという方針を聞いて、ムクムクと興味が湧いてきたのだ。何でもそうだが、造りの現場を見ることが、何よりも手取り早い。ウイスキーに限らず、これからの酒のキーワードは、造りの現場を訪れる、つまり造りを知ることが何よりも肝心なのではないかと思っている。

 受け入れる工場側も、今以上に見せる工夫をする必要がある。さらにいえば、案内する係
の人が、その酒に対する知識を相当量有していることが必要になる。お客さんのどんな質問にも答えられるような知識と、引き出しの多さも必要になるのだ。

 そんなことを考えさせられるプレス発表であったが、終了後すぐにオフィスにもどり、ガロアのコラムを担当する白根さんと、コラムの内容についてミーティング。白根さんは、私の40年来の友人で、昔の探検冒険仲間でもある。

 今は世界に2人しかいない(!)というカーニバル写真家として、1年のうち半分くらいを南米を中心に飛び回っている。そんな白根さんに、世界の”祭りの現場”をレポートしてもらおうと思っている。はたして、どんなページになるのやら・・・。

 ミーティング後は再びガロアの編集と進行の確認。そして15日の日曜日に新潟のNHKカルチャーで開かれる、私のウイスキーセミナーの準備と、そのミーティング。今回は「スコッチウイスキーの楽しみ方」と題して、スコッチの基礎知識と、6種のテイスティングを行いたいと思っている。もうすでに30人以上の人が集まっているというので、こちらの方も楽しみだ。

 さらにミーティングは、6月の大阪フェスについても。出展案内はこれからだが、セミナーのことを先に決めないといけないので、担当のSさんとそのことについて話し合う。今回用意するセミナーは3コマ。できれば、ユニークな布陣でのぞみたいと思うのだが・・・。これも、乞うご期待である。


スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter