1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「トスカーナ料理と初めてのモルトウイスキー」

 ウイ文研の仕事始めは昨日の1月5日。正月気分に浸るヒマもなく、さっそく検定やウイスキーガロアのミーティングが待っている。

 年末から正月にかけてやっていたウイスキー検定の問題づくりも、ようやく7~8割終えることができた。3級・2級・1級はほぼ9割方の完成で、残りはシングルモルト級の問題を完成させるのみ。その校正・校正にここ2日ほど費やしている。

 今日は、それが一段落したところで、ウイスキーガロアのデザイナー、Kさんを交えて新年最初のミーティング。創刊特集として、日本のクラフト蒸留所全網羅を打ち出しているが、それらの画像を用意し、全体のコンセプトを説明。もちろん、常陸野ネストや若鶴、岡山の宮下などはこれらからの取材となるし、ジャパニーズの座談会も予定している。

 さらに、もう1つの目玉である藤原新也さんのオークニー特集についても、画像選びやデザインコンセプトについて話し合う。できれば多くの写真を使いたいが、紙面の都合上使えるのは10数点に限られてしまうかもしれない…。

 ガロアの創刊号が出たら、3月12日(日)には創刊記念イベントとして、藤原新也さんのトークショー、サイン会、そしてウイスキーパーティーを開く予定だ。

 ということでガロアのデザイン、スケジュール確認のミーティングをした後、7時に恵比寿のイタリアンに行って、ライターのKさん、フリー編集者のMさんと3人で、新年会(!?)。トスカーナの白・赤3本を飲み、そのまま駅の反対側にある「エピローグ」へ。

 暮れの28日にウイ文研の忘年会をやったので、そのお礼も兼ねていたが、考えてみれば暮れから正月は日本酒やワインばかり飲んでいたから、テイスティング以外でシングルモルトを飲むのは、今年初めてかもしれない。その今年初めてに私が選んだのは、やっぱりアードベッグのTENだった・・・。


スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter