1
3
4
6
10
12
14
16
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「正月3日からウイスキー検定の問題作り」

 やはり新雑誌の『ウイスキーガロア』や、検定のことが気になるので、2日・3日と毎年恒例の箱根駅伝をテレビで観たあと、歩いて鎌倉駅まで出て、電車で恵比寿の仕事場にもどる。八幡宮の前を通り、段かづらの横を歩いて駅まで行ったが、人が多く閉口した。

 今年はポカポカ陽気のせいか、例年以上の人で、しかも外国人の客がやたらと目につく。還暦をすぎたらボランティアで外国人の鎌倉案内をやろうと思っていたが、今は残念ながら、そんなヒマはない…。

 恵比寿には4時頃にたどり着き、ウイスキー検定の問題作り。すでに3級・2級・1級の問題はほぼ作り終えたので、昨日から一番の難作業であるシングルモルト級(SM級)に取りかかる。SM級は、これ一冊というテキストがないため、問題作りも大変である。大全やテキスト、対策セミナーで用意した資料を横に起き、脳ミソをフル回転させながら、問題を作っていく。

 正月はテレビを観るくらいで眼をあまり酷使していなかったが、やはり資料を見比べたりする作業は眼にツライ。10~15問作ったら小休止と決め、今日も朝からSM級の問題作り。3級・2級・1級・JW級は過去にも作ったことがあるが、SM級は今回が初めて。私自身にとっても、まったく未知なる分野に踏みこむことになる。

 それでも、どうにか1日半で、7~8割作り終えることができた。今年の検定は、すべてウイスキー文化研究所が仕切ることになり、そういう意味では、まったく新しいことへのチャレンジでもある。問題を作り終えたら、これからはミーティング、ミーティングが待っている。

 今年早々のウイ文研の一大イベントが、このウイスキー検定なのだ。

170104_1.jpg

スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter