1
3
4
6
10
12
14
16
20
22
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「ジャパニーズの定義と究極のテイスティング」

今週はずっと通信やコニサー倶楽部、ウイスキーガロアの合間に年賀状を書く作業を続けていた。ウイ文研会員に送る年賀状とは別に、私が個人的に出すのは約700枚くらい。合計3000枚近くになる。その1枚1枚の年賀状に一言ずつでも書くのは大変な作業だ。

 それをほぼやり終え、今日は1時すぎに日本橋の日本洋酒酒造組合へ。ジャパニーズウイスキーに関する表示、および定義について組合の中にそれを検討するワーキンググループができたので、オブザーバーという立場で参加させていただいた。その第1回目の会合である。

 内容については、ここでは書くことができないが、今年8月に我々が提唱したことが、ようやく4ヶ月経って、そのスタート地点にたどり着いたという印象だ。少しほっとしたところもあるが、どれくらいのスピード感で結論が出るのか、予断を許さないという面もある。注視して、しばらくは見守りたいと思っている。

 4時すぎにウイ文研にもどり、『ウイスキーガロア』の広告媒体資料のデザイン案を確認し、7時からの「究極のテイスティング」の準備。

 今回は6種のブラインドということだったが、まったくノーヒントのブラインドではなく、ディアジオ(旧UD社)の”クラシックモルトシリーズ”の全6種のブラインドだ。

 1988年に発売された、このクラシックモルトは、その後のウイスキーの世界を一変させたといっても過言ではない。これが出なかったら、今日のシングルモルトブームは、もう少し遅くなっていたかもしれないのだ。

 ということで6種の簡単な説明をして、すぐに全員でブラインドに挑んでもらった。結果は、全問正解した人はほとんどいなかったが、タリスカーとラガヴーリンの区別はしっかりついていたように思う。残りのグレンキンチー、クラガンモア、ダルウィニー、オーバンについては、やや難しかったかもしれない。

 このクラシックモルト6種は、30年くらい経っても、パッケージデザインはほとんど変わっていないように見えるが、中身は毎回微妙に変わってきている。旧来のものより、すっきりと洗練されてきていて、個々の個性がやや弱まっている気がするのだ。前はもっと色が濃かったし、個性も違っていた…。

 ひとつはキャラメル添加を止めたせいではないと思うが、以前よりはるかに洗練されてきている。もちろん、30年で原酒の質も大きく変わってきているのだろう。この30年は激動の時代の30年間で、スコッチもかつてないほどの浮沈を経験し、それに伴って企業再編が相次いだ。

 製造技術や大麦の品質改良、そして樽の研究も進歩し、どの蒸留所もそうだが、以前の原酒とはかなり違ったものになっているのだ。改めてクラシックモルトの6種を飲み比べると、そのことがよく分かる。そんな貴重なテイスティング体験だったようにも思うのだが…。

161222_1.jpg



スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter