1
2
4
5
7
8
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

プロフィール

mtsuchiya

現在、作家、ジャーナリスト、エッセイスト、ウイスキー評論家、日本初のウイスキー専門誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長として活躍中。2001年3月スコッチ文化研究所(現ウイスキー文化研究所)を設立。

検索フォーム
QRコード
QR

 

「検定のSM級とマスターの論文…」


 昨日は昼から夜にかけてミーティングと忘年会。その合間に『ウイスキー通信』のテイスティング座談会の原稿の校正。忘年会ではワインと、その後行ったバーでしこたまモルトを飲む。

 今日は午前中セミナーの準備をして、午後2時からウイスキー検定のシングルモルト級(SM級)の対策講座。今回の参加者は17名で、このSM級の講座はあと大阪と東京の2回が予定されている。

 SM級は来年2年に行われる第4回ウイスキー検定で初めて行われる試験だが、ジャパニーズ級(JW級)のようにテキストがないので、毎回新たな資料を作り、それにそって講義を進めている。

 今回は、新たにABC順の蒸留所リストと、『101レジェンダリーウイスキー』から、試験に出そうなボトルをピックアップし、それをコピーして配布した。やはり伝説となったブラックボウモアやスプリングバンクのウエストハイランド、そしてマッカランの1926、UD、ディアジオのクラシックモルト、花と動物シリーズなどは外せないだろう。

 ウイスキー検定の3級・2級の講師養成講座も来年3月からスタートする。もちろん検定だけでなく、ウイスキー文化研究所として、各種のウイスキーセミナーの講師として正式に認定するもので、とりあえず対象は、コニサー試験のウイスキープロフェッショナルに合格している人のみに限定しようと思っている。

 2時に始まったSM級のセミナーも5時に無事終了し、再び恵比寿の仕事場にもどって、そのコニサーの最終段階であるマスター・オブ・ウイスキー(MW)の一次試験、論文審査の論文に目を通す。

 今回は6本の論文が新たに届いているため、それを熟読して評価を下すのは、なかなか骨の折れる仕事だ。ざっと目を通したが、なかなかの力作ぞろいという印象を持った。やはり『コニサー倶楽部』で、論文についていろいろ言ったのがヒントになったのだと思う。

 これから暮れにかけて、熟読・吟味するのが楽しみだ。 


161211_1.jpg


161211_2.jpg





スポンサーサイト



* ウイスキー文化研究所公式HP
* ウイスキー文化研究所公式twitter